トップリーグ優勝は神戸製鋼!昨年覇者サントリーを寄せ付けず、18大会ぶり日本選手権優勝!


トップリーグ決勝を兼ねた日本選手権の決勝が12月15日、東京秩父宮ラグビー場で行われました。

18大会ぶり10度目の優勝を目指す神戸製鋼と3連覇を狙うサントリーとが激突し、55-5で神戸製鋼が勝利し、2018年度覇者となりました。

スポンサーリンク

神戸製鋼がサントリーを圧倒!18大会ぶり優勝を決める!

神戸製鋼はキックオフ直後のノーホイッスルトライから始まり、終始昨年王者サントリーを圧倒。
実力伯仲かと思われたが終始流れを譲らず、高いボール支配率でゲームをコントロールし、反撃を1トライに抑えました。

神戸製鋼の日本選手権優勝は、18大会ぶり10度目で歴代最多。
トップリーグ優勝は、トップリーグ初代王者となって以来、15季ぶり2度目。
かつて日本選手権を7連覇した名門神戸製鋼が、創部90年目の節目に華麗な復活を果たしました。

3位はヤマハ!トヨタ自動車との接戦を制す!

決勝戦に先んじて、同日、11時から行われた3位決定戦ではトヨタ自動車とヤマハが激突。

終始緊迫した試合展開で、後半39分まで12-12で同点という白熱の試合でしたが、最後はヤマハのFBゲリー・ラブスカフニ選手のペナルティゴールで12-15とヤマハがリードして試合終了となりました。

スポンサーリンク

トップリーグの最終順位について

トップリーグの最終順位はこちらになります。

順位 チーム名
1位神戸製鋼コベルコスティーラーズ
2位サントリーサンゴリアス
3位ヤマハ発動機ジュビロ
4位トヨタ自動車ヴェルブリッツ
5位NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス
6位パナソニックワイルドナイツ
7位クボタスピアーズ
8位リコーブラックラムズ
9位Honda HEAT
10位NECグリーンロケッツ
11位東芝ブレイブルーパス
12位キヤノンイーグルス
13位宗像サニックスBLUES
14位日野レッドドルフィンズ
15位豊田自動織機シャトルズ
16位コカ・コーラレッドスパークス

13位〜16位の4チームはトップチャレンジリーグの1位〜4位のチームとの入替戦が行われます。

入替戦の日程・組み合わせ

トップリーグ入替戦の日程と組み合わせは下記となっています。

キックオフ 組み合わせ 会場
12月23日(日)
時間未定
サニックス(13位)vs栗田工業(4位) ミクスタ(福岡)
12月23日(日)
時間未定
日野(14位)vs近鉄(3位) 熊谷(埼玉)
12月23日(日)
時間未定
豊田自動織機(15位)vs三菱重工(2位) パロ瑞穂ラ(愛知)
12月23日(日)
時間未定
コカ・コーラ(16位)vsドコモ(1位) 金鳥スタ(大阪)