トップリーグカップ戦初代王者はトヨタ自動車 リーグ戦2位サントリーを下して勝利!


トップリーグカップ戦初代王者はトヨタ自動車 リーグ戦2位サントリーを下して勝利!

ジャパンラグビートップリーグカップ戦の決勝戦、サントリーvsトヨタ自動車の試合が1月19日に秩父宮ラグビー場で行われました。

その結果、34-43でトヨタ自動車がサントリーに勝利し、初代カップ戦王者となりました。

スポンサーリンク

トヨタが後半のトライラッシュでサントリーを振りほどく

試合開始早々、まず先制したのはトヨタでした。前半4分、サントリーのゴール前に攻め込むと、CTBイェーツ・スティーブンが相手ディフェンス2人を引きずりながらゴールラインに倒れ込んで先制トライ、更にLOジェイソン・ジェンキンスも続き、12-0とします。

しかし、トヨタのFL佐藤穣司のシンビンもあり、サントリーも反撃に転じます。トヨタディフェンスの一瞬の隙をついて連続攻撃をしかけると、最後はライン際で待ち受けていたWTB成田秀平がトライ。さらにSO田村煕のPG、ラインアウトからのモールトライで12-13一気に逆転されてしまいます。

何とか流れを戻したいトヨタは、前半34分にサントリーゴール前に攻め入ると、SO樺島亮太がディフェンスのギャップをついてトライ。19-13として前半を折り返します。

前半最後のトライで流れに乗ったトヨタは、後半にも3分、7分、9分と3連続トライ。サントリーもWTB尾崎晟也の連続トライなどで食い下がりますが、逆転を許さず、43-34でトヨタがリードを守って勝ち切りました。

リーグ戦は4位に終わったトヨタ自動車ですが、今シーズンから新設されたトップリーグカップで見事優勝を飾ることとなりました。

カップ戦の最終順位

カップ戦の最終順位は下記のようになります。

順位 チーム名
1位 トヨタ自動車ヴェルブリッツ
2位 サントリーサンゴリアス
3位 パナソニック ワイルドナイツ
4位 クボタスピアーズ
5位 東芝ブレイブルーパス
6位 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
7位 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
8位 キヤノンイーグルス
9位 リコーブラックラムズ
10位 NECグリーンロケッツ
11位 ヤマハ発動機ジュビロ
12位 豊田自動織機シャトルズ
13位 コカ・コーラレッドスパークス
14位 Honda HEAT
15位 宗像サニックスブルース
16位 日野レッドドルフィンズ
スポンサーリンク

カップ戦の今後の展開に期待!

志玲
カップ戦の初代王者はトヨタ自動車か。
小藪
カップ戦、盛り上がるか少し不安でしたけど、始まってみたら面白かったっすね!
やっぱり、いつものメンバーと違うっていうのは、チームも違うつーか、ほんと何か違う感じで良かったっす!
志玲
鉄、お前「違う」しか、言ってないぞ。
まぁ、確かに外国人選手枠が多かったり、日本代表選手が出られなかったりと、色々とルールが違ったからな。普段のリーグ戦とは少し違う戦い方をしてるなってチームもあったよな。
小藪
そーそれっす!それが言いたかったっす!
さすが、塔矢先輩!ヤバイっす!
志玲
リーグ戦本戦では優勝した神戸製鋼が6位だったり、4位だったトヨタが優勝してる。他にもリーグ戦とは結構順位が変わって、面白い結果になったな。
小藪
ほんとそーっすよね!マジで意外つーか。
でも、サントリーとかパナソニックは上位だったんで、その辺は流石って感じっすかね。
志玲
確かに。各チーム、今現在の主力選手以外を試すっていう意図も感じられたし、その中で上位に来るところっていうのは、選手層が厚いってことなのかもしれないな。
小藪
っすねー。でも、主力選手以外もやっぱこういう試合の場所って必要だと思うんで良いと思うんすよね。 今年はW杯ですけど、今後も続けた方がいい気がするっす!
志玲
確かに、普段出場機会のない選手にもスポットライトが浴びたし、W杯の試合数減少を補完する取り組みとしては悪くなかったと俺も思う。
今後も継続する方針みたいだし、トップリーグ全体の底力を上げる方向に展開していくといいな。

キャラクター紹介

小藪 鉄

小藪 鉄(こやぶ てつ)

能西高校2年のスクラムハーフ(背番号9番)。チーム1体は小さいが、チーム1うるさい。160cmに届かない身長がコンプレックス。試合中は上級生にも呼び捨てだが、状況判断能力などラグビーセンスは総じて高い。

志玲 塔矢

志玲 塔矢(しれい とうや)

能西高校3年、副キャプテンを務めるスタンドオフ(背番号10番)。個性の強く衝突の多いチームメイトのバランスを取る苦労人。無駄な労力をかけないよう、効率的な生き方を心がけている。若くして後退気味のおでこを気にしている。