Pocket

ボールを持ってランするボールキャリアー

画像参照:NTTラグビーフットボールクラブ

ボールキャリアーとは

ボールキャリアーとは、ボールを持っている人を指します。
単にキャリアーと言ったり、ボールキャリーと呼ぶこともあります。

ラグビーではボールは1つしか使用しませんので、ボールキャリアーは一人以上にはなりません。
極端に言えばラグビーはボールキャリアの選手とそれ以外の選手のゲームとも言えます。

ボールキャリアーを中心にゲームが動く!

ラグビーでは、ボールキャリア以外の選手にタックルや妨害を行うことが禁止されています。
攻撃側も守備側も、ボールキャリアを中心にプレーが動いていくことになります。

ボールキャリアがタックルされると、攻撃側はマイボールを継続するために、守備側はボールを奪い返すために、プレーヤーが集まります。
この密集でのボールの奪い合いをブレイクダウンと呼びます。
また、攻撃側も守備側もボールキャリアの次のプレーを予測して動くことが重要となります。

ボールキャリアーの役割

ボールキャリアーの基本的な役割は、ボールを次の攻撃に繋げることと言えるでしょう。
そのためにランをするのか、パスをするのか、その時の状況やチームの戦術、ボールキャリアーの得意なプレーなどによって変わってきます。

例えば、ランが得意なウイングの選手がボールを持てば、相手をスピードで抜き去ったりステップで相手をかわしたりといったプレーが考えられますし、パワー自慢のプロップナンバーエイトの選手ならまっすぐ相手に当たりに行って相手を弾き飛ばそうとするでしょう。

また、スタンドオフフルバックといったゲームの状況全体をコントロールする選手なら、一度、マイボールを放棄しても不利な状況を脱するためにキックを蹴る選択肢もあります。

ボールキャリアーになりたい?なりたくない?

おーつきおーつき

今回はボールキャリアーについてやなぁ。
たーじはボールキャリアーになるのに、特に抵抗とかない??

たーじたーじ

ん、まぁそやなぁ。
一番ボール受けるスタンドやし、自分が仕掛けることは少ないけど、ボールを持つことに抵抗はないなぁ。
え、おーつき、ボールキャリアー嫌なん?

おーつきおーつき

最初の頃は特に嫌やったなー。なんか緊張すんねん
パス受けるときにノックオンしたらどうしようとか、いけそうやけどここで俺がピックするよりバックスに出した方がいいかな、とか。

たーじたーじ

まぁ、フランカーとかロックとかには、ボールをほとんどもたへん仕事人タイプの選手もいるにはいるけどなぁ。
キャリアーになるん嫌やったらどうしてたん?

おーつきおーつき

まー、徐々に慣れてはきたけどさ。
とりあえず、いらなそうなとこでもポイント入ったり、完全にバックスラインの後ろでサポートに入ったりしてたな。

たーじたーじ

消極的すぎる!
っていうか、それ半分サボりちゃうん?

おーつきおーつき

そ、それは言わん約束や