Pocket


画像参照:同志社大学ラグビー部



コラプシングとは

コラプシングとは、”故意に”スクラムやモールを崩す反則の事を言います。
コラプシングは危険なプレーと判断され、この反則が取られた相手のチームにペナルティキックが与えられます。

なお、スクラムやモールに参加する選手は故意に倒れたり、地面に膝をつかないようにしなければなりません。

コラプシングが起こりやすいシチュエーション

スクラムが崩れた時、どちらが原因で崩れたのかということは、レフェリーにはわからないこともあります。
ですから、相手側のペナルティになることを期待して、わざとスクラムを崩す場合があります。

またゴール前ラインアウトから、モールで攻められた時などに、そのままではトライされてしまう場合に、反則覚悟でモールを引き倒す場合などもコラプシングがよく見られます

コラプシングからの認定トライについて

スクラムモールフォワードの力が優っている側にとって、非常に得点力の高いプレーとなります。
ですから、スクラムやモールをコラプシングで無理やり止めることは、一面ではフォワードが劣勢な側にとってやむを得ない防御手段であると言えるでしょう。

それでは、ディフェンス側に有利すぎると思われるかもしれませんが、故意に行われる反則については認定トライとなる可能性も多分にあります
また、コラプシングは怪我に繋がるかもしれない危険プレーであり、回数を重ねればシンビンになる危険性も高いです

これらを考えると、ディフェンス側としても考え無しに何度も行うにはリスクが高いプレーであると言えるでしょう。