Pocket


画像参照:JRFU公式

グラバーキックとは

グラバーキックとはパントキックの一種で、地面をゴロゴロ転がるように蹴るキックです。
ゴロのパントキックという意味で、『ゴロパン』という略称で呼ばれることもあります。

グラバーキックの蹴り方

グラバーキックには2種類の蹴り方があります。
ひとつは、ラグビーボールの楕円形という特殊な形状を利用して、不規則な回転で動きを読ませなくする方法
もうひとつは、楕円球に対して一定方向の回転を加えることで、狙った進行方向に動きをコントロールする方法です。

不規則なバウンドを狙いたい場合はボールの真ん中の一番厚みのある部分を蹴ります。
こうすると、はじめは無回転に近いボールになりますが、いずれかの部分が地面にぶつかるごとに、右に左に不規則なバウンドが起こりやすくなります。

逆にまっすぐに転がすように蹴りたい場合は、ボールを縦に持って上端をキックを転がしたい方向に蹴り出します。
こうすると、先端が交互に地面に当たって回転が安定し、ボールがまっすぐ進むようになります。

蹴り方のコツとしては足をまっすぐに蹴り出すこと、ボールを出来るだけまっすぐ落とすこと、蹴り終わるまでボールから目を離さないことが重要です。

グラバーキックの使い方

不規則なバウンドのグラバーキックを使う場合は、相手プレーヤーのキック処理を難しくする使い方が一般的です。
キック処理に時間がかかれば味方のディフェンスがプレッシャーをかけやすくなりますし、さらに時間がかかればマイボールにできる可能性も生まれます。

進行方向をコントロールするグラバーキックは相手のディフェンスラインの裏を抜くように使います
サッカーのスルーパスのイメージが近いですね。
具体的な状況としては、下記のような場合に用いられます。

  • ダイレクトタッチにならないようにタッチに蹴り出す
  • 相手ディフェンスラインの裏側に転がして、味方にキャッチさせる
  • 1対1の状況などで、キックで相手を置き去りにして、そのままドリブルする
  • タッチライン際に蹴り出して、味方ウイングを走らせる

また、空中に蹴り出すハイパントよりも軌道が読みづらく、相手のチャージをかわしやすいことも利点です。
キックを蹴りたい場合に相手のチャージが早い、相手ディフェンスが近い場合などはハイパントよりもグラバーキックが選択されることがあります。