【ラグビールール解説】ホールディングとは


画像参照:関西ラグビー協会

スポンサーリンク

ホールディングとは

ホールディングとは、タックラーガタックル後に相手選手を離さず、ボールキャリアのプレーを阻害したという反則です。
相手ボールのペナルティで再開されます。

ホールディングってどんな反則?

タックラーとボールキャリアがタックルによって共に倒れた場合、タックラーはボールキャリアを放さなければなりません。タックラーが相手選手を放さなかった場合に、ホールディングの反則が取られます。

ラグビーでは、倒れた選手はボールに対してプレイできません。
そのためボールキャリアは倒されたあとに、他の選手がボールに対してプレイできるように、ボールを置いたりパスをします。(すぐにボールを放さなければならない)
タックラーがキャリアをいつまでも捕まえていると、このボールを放すプレイが困難になるので、このようなルールとなっています。

このホールディングが取られると、相手チームにペナルティキックが与えられます。

ホールディングを取られやすいシチュエーション

タックラーがすぐに離れない場合はレフェリーからも離れるようにという指示があるため、ホールディングが取られることは多くはありません。
しかし、ラックになった時に、選手が積み重なるようになってしまった時は、タックラー自身が身動きが取れなくなり、そういった場合にホールディングが取られることになります。

ホールディングを取られないためには

タックルが成功したら、相手をすぐに離さなければなりません。 また、その場から動けない場合でも、倒れた選手から手を離して妨害行為をしていないことをレフェリーにアピールしましょう。