【ラグビールール解説】ノーボールタックルについて


スポンサーリンク

ノーボールタックルとは

ノーボールタックルとは、文字通りボールを持っていない相手選手へタックルする反則です。
再開方法相手側のペナルティキック

ラグビーではボール保持者以外へのタックルは禁止されているため、ボールを持っていない時はタックルされないものと考えていますから、非常に危険なプレーとなります。

悪質で故意性が高いものがほとんどで、イエローカードやレッドカードが出てシンビンになるケースも多いです

ノーボールタックルが起こりやすいシチュエーション

お互いにマナーを守っている限り、そうそう起こる反則ではありません
あえて、偶発的に発生するケースをあげれば、キックチェイスでプレッシャーをかけていく際に、ボールを持っていない選手にぶつかってしまうと言ったケースでしょうか。

ちなみに、トップの画像の場合、ギリギリまでボールを持っていたということでプレー続行か、遅れて入ったということでレイトタックルとなるでしょう。(ノーボールタックルの画像ってあまりなかったので使いましたが・・・)
それくらい、普通にプレーしている上ではなかなか取られることのない反則というわけなんですね。

基本的に危険なプレーでも、両チーム通して初めてという場合なら、いきなり退場ということは少ないのですが、ノーボールタックルは重大な反則で1発退場となる場合が多いです

ノーボールタックルを取られないためには

試合中に熱くなってしまったり、相手選手の挑発的な言動に対する報復のように行われることが多いので、お互いにルールを守り相手を挑発したり、それに乗ったりするような、非紳士的な行為は慎まなければなりません。

ラグビーは紳士のスポーツですから、どれだけ気持ちが熱くなったとしても、明らかにボールと関係ないプレイヤーをタックルをしてはいけません

ノーボールタックルは最悪の反則!

おーつき
ノーボールタックルは絶対にしたらあかん反則やな。
たーじ
そやなぁ。悪質なプレーの中でも群を抜いてひどい。 気持ちが抜けてるところにタックルされたら、受け身もまともにとれずに怪我に繋がる可能性もあるからな。
おーつき
まぁ、そうは言っても実際に取られたところを見たことはないんやけど。
たーじ
退場の可能性も高いし、試合を捨てるようなもんやからなぁ。 我を忘れるくらいに熱くならん限り、普通はやらんよな。
おーつき
合宿で田島が俺の唐揚げを食った時は怒りで目の前が真っ白になりかけたわ。 そのくらいの重大事じゃないと、ノーボールタックルはせえへんってことやな。
たーじ
いや、沸点低すぎるわ! 唐揚げ程度でそんななるんお前だけや!