Pocket





ノーバインドとは

ノーバインドスクラムなどからボールが出る前にバインドを外してしまう反則となります。
相手チームのペナルティキックで再開となります

ノーバインドとは言葉通り、バインドをしていない状態の事です。
ラック、モール、スクラムなどで味方プレイヤー同士で手から肩までの腕全体を使って、しっかりと体を密着させなければなりません。
この体を密着させる行為をバインドと呼びます
単に手を置いていたり、ユニフォームを引っ張る行為は”バインド”とみなされません

ノーバインドが起こりやすいシチュエーション

スクラムでもっとも早くブレイクして、ディフェンスに向かうフランカーが取られやすい反則で、起こりやすいシチュエーションとしては以下のような状況下で多く見られます。

  • 相手のボールが出たかを確認しようとして、体を話してしまう。
  • スクラムで劣勢の側がフランカーの選手が早くディフェンスに向かおうとして焦って早くバインドを外してしまう
  • ボールが出たと勘違いして飛び出してしまう

いずれも、いち早くディフェンスに向かいたいという気持ちの焦りから反則になります

ノーバインドを取られないためには

ノーバインドを取られないためには、レフリーとのコミュニケーションを取ってバインドを外していいタイミングか見極めることが重要です。
フランカーはスクラムの状況を見て次のプレイに参加できないことをしっかりとBKの選手に伝えるなど、グラウンド内でのコミュニケーションを密に取ることによってノーバインドをしないような状況を作り出すことが必要です。

また、モールやラックでオーバーに入る際に、相手をバインドしないことも反則に当たります。
滅多に見ることはありませんが、オーバーに入っている相手を弾き飛ばすような行為は非常に危険なプレーですので、シンビンにも繋がるプレーです。

フロントローはバインドが好き?

たーじたーじ

ノーバインド取られるんって基本フランカー、次にNo.8ってところやんな?
プロップは取られることないん?

おーつきおーつき

んー、スクラムが劣勢の時に、相手の肩に置いてるバインドを外して地面に手をついたり、膝に手を置いて支えたりしたら取られるかも。
ただ、そもそも自発的にバインドを外すことメリットもそんなにないし、プロップの緊急回避的なノーバインドについてはレフリーも甘いイメージがあるな。

たーじたーじ

確かに、スクラムが落ちそうな時に手をつけへんかったら危なそうやもんな。

おーつきおーつき

フロントローにとってはバインドは基本。
今でも、フロントロー経験者と会ったらテンション上がってバインド組んだりするしな!

たーじたーじ

え、今でも?

おーつきおーつき

おう!フロント経験者はみんな仲間やからな!挨拶みたいなもんや!
たーじもやるか!?

たーじたーじ

いや、俺はバックスやから、遠慮しとくわ
(そんなむさ暑苦しい挨拶はしたくない・・・)