【ラグビー用語解説】ノーサイドについて

Pocket

ノーサイド



ノーサイドとは

ラグビーでは試合終了のことを『ノーサイド』と呼びます。
試合が終われば敵味方、勝った方、負けた方といったサイドの違いはなく、お互いに激しく戦いあったことを称えあうべきだ、というラグビー精神の現れでもある言葉ですね。

アフターマッチファンクションに見るノーサイドの精神

ラグビーの古き良き伝統に「アフターマッチファンクション」というものがあります。
これは、試合が終わった後に、両チームで会食しお酒を酌み交わすというもの。

試合中は、それこそ相手を殺さんばかりの勢いでぶつかり合っていた男たちが、破顔しながら肩を組んで笑い合う。
このアフターマッチファンクションにおける、敵味方関係なしでお互いの健闘を讃え合う姿こそ、紳士のスポーツであるラグビーのノーサイドの精神です。

実はノーサイドは海外では使われていない!?

日本国内ではかなり有名なラグビー用語であるこのノーサイドという言葉ですが、実は海外ではあまり知られていません
来日した海外選手がノーサイドなんて言葉は知らないと言ったという話もあるくらいです。

「ノーサイド」の由来についてははっきりとしたことはわかっていません。
実は日本発祥説は、海外で見たラグビーの精神性に感激し、日本に持ち帰ったラグビー関係者が「ノーサイド」という言葉とともに広めたのではという説もあります。

今は「フルタイム」という言葉が使われている

昔は国内の試合終了時に使われていた「ノーサイド」という言葉ですが、国際的に広まっていないという事情もあって、現在は「フルタイム」という言葉が使われれいます。

しかし、ノーサイドという言葉自体は使われなくても、全ラガーマンの心にこのノーサイドの精神は刻まれています。
ノーサイドの美しい言葉と精神が、全ラガーマン、全ラグビーファンのみならず、ラグビーを通して全世界の人に広がっていけば、何よりだと思います。

サイト名の由来!あらゆる人に愛されるサイトを目指して

おーつき
今回はサイト名の由来でも「ノーサイド」についてやな!
この言葉は、引退した今でもほんまに好きな言葉!
たーじ
せやな、ラグビーをやって自然とこの考え方が身についたし、今後もこの精神は大事にしていきたいわ。
おーつき
かくいうこのサイトの名前も「ノーサイド」
もちろん意味があって、「ラグビー初心者も玄人も経験者も未経験者からも、分け隔てなく愛されるサイトにしたい」という想いを込めています。
たーじ
ラグビーに触れる、ラグビーを楽しむあらゆる人のバイブル的なサイトにしていきたいな。
おーつき
ちなみに、著名な歌手のユーミンこと、松任谷由美さんの曲にも”ノーサイド”という曲があったりします。
たーじ
いや、その情報はいるんか?



-->