【ラグビールール解説】ノット10メートルについて


画像参照:サントリーサンゴリアス公式HP

スポンサーリンク

ノット10メートルとは

ノット10メートル(ノットテンメートル)とは反則の一つです。
プレイ中にペナルティがあった場合の再スタート時には、ディフェンス側がそのスタート地点より自陣側に10m以上下がってからプレーしなければなりません。
その時、ディフェンス側が10m下がる前にディフェンスや妨害行為を行なった場合に取られる反則となります

再開方法は、オフェンスはこの反則が取られたプレイの開始地点から更に10m進んだ地点からのペナルティキックとなります。
ただし、この時は反則をした側が10メートル以上下がったことを確認して、レフリーの合図があってからでないと再開できません
戻りが遅い相手にクイックスタートでわざと当たりに行って、何回もノット10メートルを取りに行くというプレーはできないということです。

また、この反則は『ノット10メートルバック』『ノット10メートルオフサイド』とも呼ばれることがあります。

ノット10メートルの条件について

ペナルティが発生すると、ただちに、反則を犯した側にペナルティの地点から10m後方にオフサイドラインが形成されます
このオフサイドラインよりも前方にいる選手(=オフサイドプレイヤー)は、ラグビーの原則としてプレーすることができません
逆に言えば、10m以上下がっていないプレイヤーでも、相手選手に対してプレイに参加しなければ、この反則を取られることはありません

また、フルバックなどすでに10mよりも後方にいた選手が前方の選手を抜かせば、その時点で抜かされた選手はオンサイドプレーヤーとなるのでプレイに参加することができます

ノット10メートルをとられないために

ディフェンス側は10mもタダで進めさせてしまうこの反則を避けるために、タッチジャッジ(審判)が指定するラインまで素早く下がるように努めます。
逆に、オフェンス側はペナルティ獲得後、相手の戻りが遅ければ素早くリスタートをして、遅れている選手にわざと当たりに行くことで、この反則を取ろうとする、もしくは相手のディフェンスの人数を減らそうとします。

ノット10メートルは休憩時間??

たーじ
今回はノット10メートルについて。 ものすごーく簡単に言ってしまうと、ペナルティしたら早く戻ろうね!ってことです。
おーつき
ラグビーは陣取りゲームと呼ばれます。 その陣取りゲームの中で、20メートルという数字は非常に大きいです。
たーじ
この後のペナルティキックをタッチに蹴り出されてしまうと、一気に40〜50メートル取られることにもなりかねません。 だから、もしペナルティを取られたら、レフリーに抗議したり、相手に絡んだりせずにすぐに戻る!っていうのが大事なんやな。
おーつき
ただ、一度ノット10メートルを取られたら、リスタートはディフェンス側が10メートル以上下がってから。 焦らず、落ち着いて、仕切り直したいところやな。
たーじ
だからと言って、お前みたいに歩いて帰っていいわけじゃないからな
おーつき
や、休んでるわけじゃないで??
たーじ
ええ加減にせんと遅延行為取られるしな
スポンサーリンク

ラグビー指導のための教材をお探しの方に

たーじ
おー、なるほどなー。
おーつき
おっす!たーじ、何見てるん?
たーじ
おぅ、おーつき。今、野澤武史さんの『ラグビー上達革命』のDVDを見てたんや。
おーつき
へー、野澤武史さんって神戸製鋼でプレーしてはった人元日本代表やんな?
たーじ
そうそう、その野澤さん。
現役引退した後、慶應大学のコーチしてるんやけど、その野澤さんがラグビー指導者向けに作った教材DVDやねん。
おーつき
え? たーじ、指導者目指すん?
たーじ
いや、子供できた時にちゃんと教えられるように、今から勉強しよかなって
おーつき
気ぃ早いな!
いや、っていうか、お前は無理やって!
プレーするんと指導するんは全然違うし、BKしかやってないからFWのことなんて全然知らんやん!
たーじ
うっさい! 指導するんが難しいのは十分わかってるから勉強してんねん!
いやでも、実際これはすごいぞ。
基礎的な練習から、『タックルで相手を倒せない』とか、『ブレイクダウンでボールを取られる』とか、課題を感じていることに合わせた応用練習まで、めっちゃわかりやすく解説してくれてる
おーつき
へー、ラグビーってちゃんとした指導教材が意外と少ないから、それはありがたいな。
たーじ
そやろ?
しかも、練習の方法だけじゃなくて、一つ一つの練習で意識すべきこと、効果を高めるにはどうすればいいか、うまくいった例と悪い例とかもしっかり解説してくれてんねん。
おーつき
おー、それは良いな!
練習はちゃんとポイントを押さえてやらんと、ただ練習するだけじゃ全然意味ないからな。
たーじ
そうそう。
現役プレーヤーからしても、『ブレイクダウンで意識するべきこと』とか、『タックルの時に意識するべきこと』とかが分かるから、自分のプレーを一段高められるんちゃうかな。
おーつき
マジか!?うわー、現役時代に知りたかったやつやん!!
たーじ
しかもや!
このDVDを見てもわからんこと、質問したいことがあったら、実際に野澤さんにメールで何回でも質問できるっていう特典も付いてんねん!
おーつき
え、元日本代表の一流指導者に直接質問できんの?何回も?
それは凄いな!
っていうか、凄すぎひん? ほんまに返事返って来るん??
たーじ
そら、返してくれるやろ。元日本代表ががこんなんで嘘つかへんって。
それに、商品紹介のページでは野澤さんからの返信メールの例も乗ってたけど、こんな感じでメチャクチャ丁寧に回答してあったで!
野澤武史からの返信メール
おーつき
おー、すげー!めっちゃ細かく回答してくれてる!
じゃあ、DVDだけやとわからんこととか、全体の練習メニューの組み方を教えて欲しいとか、こんな状況の時にどうしたらいいかとか、新しいルールについてとか、疑問があったらとにかくメールで質問したらいいってことか。
たーじ
そういうことやな。
これは、マジで豪華な特典やと思うわ。
おーつき
へー、ちょっと俺も気になってきたわ。
・・・おぉ、これ、『90日間の全額返金保証』まで付いてるやん!
レベルアップを実感出来なかったら全額返金か。
なかなか太っ腹やな〜。
全額返金保証
たーじ
ん、あー、そうなんや。へー、全然気づかんかったわ。
おーつき
あ、もしかして。たーじ、お前、この返金保証使うつもりでこのDVD買ったな?
たーじ
(ギクッ!)
そそ、そんなことないし? 全額返金保証、えーと、何のこと?
おーつき
誤魔化すん下手すぎるやろ・・・。
たーじ
いや、まぁ、確かに最初はそのつもりやったんやけどな。
でも、ここまで内容が良いと、そのくらいのお金を出す価値はあるなって今は思ってるで。
だから返金保証は使わんつもり。
おーつき
まぁ、書いてあるんやから、別に返金してもらってもいいんやろうけどさ。
でも、たーじにそこまで言わせるっていうのは、ほんまに凄いんやな。
たーじ
そやな。例えば、
  • ラグビー経験がないのに急に部活の顧問になっちゃった人
  • プレーに自信がない、プレーの質を高めたい現役プレーヤー
  • 元プレーヤーだが、専門外のプレーの指導に自信が持てない人
みたいな人には、特にオススメできるDVDやと思うわ。
おーつき
なるほどな。
こういう良い教材が広まって、日本のラグビーがもっともっと発展して、W杯優勝とかまでしてほしいもんやな!
たーじ
元日本代表・野澤武史さん『ラグビー上達革命』の詳細が気になる方は、下記リンクから商品紹介ページへどうぞ。