【ラグビールール解説】ピックアップとは


画像参照:JRFU

スポンサーリンク

ピックアップとは

ピックアップとは、ラック中に手を使ってボールを拾い上げる反則です。
ピックアップが取られた場合、相手チームのペナルティキックで再開となります。

ラックではボールに手で触れない!

ラックが起きた際には、プレイヤーはボールを足でかき出す以外にボールに触れてはいけません。
ラック中に手を使ってボールを拾い上げることをピックアップと言い、反則となります。

ピックアップの反則が取られると、相手チームにペナルティキックが与えられます。

ピックアップが起こりやすいシチュエーション

ピックアップはラック形成時のタイミングで起こりやすくなります。
タックルで倒れたプレーヤーに対して、ディフェンス側の選手がジャッカルでボールを奪おうとします。
しかし、ジャッカルに入った選手がボールに触れる前に相手チームの選手が密集に参加してしまっており、ラックが形成されていた場合、ピックアップやハンドとなってしまうわけです。 ただ、ジャッカルが成功すればビッグチャンスにもなるので、時にはリスクを承知でギリギリのプレーを狙うこともあります。

他には、ラックからボールを拾い上げる瞬間に起こりやすくなります。
ラックからボールが完全に出たのか出ないのか、これは次のプレイの為にもタイミングがカギになるので、タイミングを誤ってしまうとピックアップとなってしまうことがあります。

似ている反則、ピックアップとハンドの違いとは?

たーじ
今回はピックアップについてやな! ラックの中のボールを手で拾い上げた(ピックアップ)した時に取られる反則やな。
おーつき
そうやな。うん、そうや。
たーじ
ん?どうしたん??
おーつき
いや、同じようにラックで手を使った時の反則にハンドってあるやん? ラックの中のボールに働きかけるっていう意味では全く同じやのに、ピックアップの反則って意味あるんかなって、ふと思ってさ。
たーじ
あー、なるほど、そこな。 詳しい説明は別の機会にしっかりするけど、「ハンド」と「ピックアップ」の二つの反則って実は同じらしいわ。
おーつき
は? どういう意味??
たーじ
いや、俺もあんまり知らんかったんやけど、つまり、反則としてあるのは「ラックの中で手を使う」っていうことだけ。 それを、状況ごとに「ハンド」と「ピックアップ」っていう二つの反則名を使いわけてるってことなんやって。
おーつき
手で触ったらハンド、拾い上げたらピックアップやけど、元は同じ反則で呼び方が変わるだけってことか!! いや、ほんまに知らんかったわ!
たーじ
ラグビーを引退してから知る意外な事実やな(笑)