【ラグビー用語解説】パントキックについて


パントキックを蹴るラグビー選手

画像参照:日本ラグビーフットボール協会

スポンサーリンク

パントキックとは

パントキックとはボールを手で浮かせて地面にバウンドさせずにキックすることを言います。
反対に地面にバウンドさせるキックのことをドロップキックと呼びます。

サッカーでいうと、ゴールキーパーがボールキャッチ後、前方に大きく蹴り出すキックをイメージしてもらえばわかりやすいかと思います。
ちなみに、キックをからぶった場合には、ノックオンが適用されてしまいます。

パントキックの種類

パントキックには次のような用途による使い分けがあります。

スクリューキック

スクリューキックは、一定方向に回転をかけて空気抵抗を減らし、飛距離を出して陣地を稼ぐキック。

ショートパント

ショートパントは、ディフェンスラインの裏側に落としたり、ライン際でウイングにキャッチさせてトライを狙うのに使われる、短距離のパスのようなキック。
ショーパンとも。

ハイパント

ハイパントは、高く蹴り上げてキャッチの際に敵と競り合い、仕切り直しを図るキック。
ハイパンとも。

グラバーキック

グラバーキックは1対1のシチュエーションなどで相手の読みの裏をかいたり、ディフェンスラインの裏側に地面にゴロのボールを転がすキック。
ゴロパンとも

パントキックを蹴る機会の多い選手とは

特にキックの機会が多いのはチームの司令塔であるスクラムハーフスタンドオフ、そして、最後の砦を担うフルバックです。


スクラムハーフがキックを蹴るシチュエーション

スクラムハーフがキックを蹴るのは、密集から持ち出したボールをそのままキックする場合が多いです。
相手のディフェンスラインが揃っており、そのままバックスに出してもゲインが期待できない場合など、ハイパントを蹴ることで陣地を取りつつ仕切り直しを狙うことができます

スタンドオフがキックを蹴るシチュエーション

ゲーム中でもっとも多様なキックスキルを求められるのがスタンドオフです。

スタンドオフは味方22m内から陣地を回復しつつタッチに蹴り出したり、膠着状態になればハイパントを蹴り上げ、サイドや裏にスペースを見つければショーパンやゴロパンでトライチャンスを演出します。

飛距離、正確性といったキックの基本スキルはもちろんのこと、それと同じくらい重要になるのは敵味方を含めた空間把握能力と状況判断能力と言えるでしょう。

フルバックがキックを蹴るシチュエーション

フルバックはチームの最後尾に位置していますので、相手からのキックをキャッチして適切に処理する役割があります。キャッチしたボールをどうするかは、その時のシチュエーションやチームの方針、得点差など、状況によって様々です。

相手ディフェンスのプレッシャーがないようであれば、そのままカウンターを仕掛ける。
カウンターをするには、相手ディフェンスが揃い過ぎている場合は、もう一度深く蹴り返す。
プレッシャーがきつい場合は、サポートの選手にパスを出したり、ハイパントを蹴りあげて、滞空している間に自分も走ってオフサイドラインを引き上げることもあります。