【ラグビールール解説】アーリータックルとは?


画像参照:AFPBB News

スポンサーリンク

アーリータックルとは

アーリータックルとは、ボールをキャッチする前にタックルしてしまった時に取られる反則で、相手チームボールのペナルティキックから試合が再開されることとなります。

ラグビーではボールを持った選手に対してしかタックルできません
しかし、ディフェンス側は少しでも早くタックルをして相手選手を倒したいと思っています。
ですから、相手選手がボールをキャッチするギリギリのタイミングを狙ったつもりでも、勢い余ってキャッチする前にタックルしてしまうことがあり、その場合にアーリータックルが適用されることになります。

アーリータックルが起こりやすいシチュエーション

ゴール前にグラバーキックが蹴られた場合

最もアーリータックルが起こりやすいのがオフェンス側が敵陣において、ウィングやフルバックなど外側にいる選手を走らせてゴール前の空いているスペースにグラバーキック(ボールを転がすキックのこと)をすることがあります。
オフェンス側がそのままキャッチすれば大チャンスという場面が多いので、ディフェンス側の選手が焦ってボールをキャッチされる前にタックルに入ってしまう、というケースもしばしば見られます。

ハイパントキックのキャッチ前

ハイパントキック(ボールを高く蹴り上げるキックのこと)をキャッチする前にタックルをしてしまうケース。
キャッチと同時のタイミングを狙っていたとしても、気持ちが先走ってキャッチする前にタックルしてしまうことがあります。

ゴール前のディフェンス

トライライン付近になると、トライさせまいとディフェンスの選手は勢いよくタックルを仕掛けます。
その勢いから、ついパスをキャッチする前にタックルをしてしまうケースも少なくありません。

アーリータックルを取られないためには

グラバーキックを蹴り込まれ、やむを得ずアーリータックルとなってしまったケースでは、そもそもディフェンス側がグラバーキックを蹴り込まれてもカバーできる陣形を作れていなかったことが原因だと言えます。
フルバックやウィングを中心にキックにも対処できるような陣形を形成することが必要です。

その他の2つのシチュエーションに関して言えば、ボールをキャッチすることを確認してからタックルすることで避けられるでしょう。(基本的なことですが)
アーリータックルを取られることでチームの状況がより一層不利になるので、冷静にタックルに入るタイミングを見極めなければなりません。

たーじ
ディフェンスしているときに、グラバーキックを絶妙な場所に蹴り込まれてキャッチされたらトライになってしまう…、ってときはアーリータックルになるのも仕方がない気がするなぁ。 あかんねんけどさ。
おーつき
そういう場合はオフェンスがうまかった、と言ってもいいよな。 ディフェンス側もキックをカバーせなあかんねんけど、相手の攻撃が激しくなるとキックのカバーがさらに難しくなるしな。
たーじ
そやねんなー。 てか最初、アーリータックルはハイパントキックを空中でキャッチした選手が着地する前にタックルをすると取られる、って想像しててん。 でも空中にいる選手へのタックルはアーリータックルというよりは危険なタックルとして判断してシンビン、もしくは一発退場の対象となるみたいやな。
おーつき
なるほどな。 ラグビーのルールって難しいけどシンプルに考えると危ないこととズルいことはするな、ってことやな!
たーじ
そういうことやな! ってかさっきから気になってたんやけど、おーつきってキックのカバーとか考えたことあんの?(笑)
おーつき
いやないな(笑)俺はそういう担当じゃないし(笑) もっと肉弾戦が激しい場所が俺の戦場や!
たーじ
まぁラグビーは選手たちの得手不得手を生かして、チームとしてしっかり補完し合うことが大事やな!
スポンサーリンク

ラグビー指導のための教材をお探しの方に

たーじ
おー、なるほどなー。
おーつき
おっす!たーじ、何見てるん?
たーじ
おぅ、おーつき。今、野澤武史さんの『ラグビー上達革命』のDVDを見てたんや。
おーつき
へー、野澤武史さんって神戸製鋼でプレーしてはった人元日本代表やんな?
たーじ
そうそう、その野澤さん。
現役引退した後、慶應大学のコーチしてるんやけど、その野澤さんがラグビー指導者向けに作った教材DVDやねん。
おーつき
え? たーじ、指導者目指すん?
たーじ
いや、子供できた時にちゃんと教えられるように、今から勉強しよかなって
おーつき
気ぃ早いな!
いや、っていうか、お前は無理やって!
プレーするんと指導するんは全然違うし、BKしかやってないからFWのことなんて全然知らんやん!
たーじ
うっさい! 指導するんが難しいのは十分わかってるから勉強してんねん!
いやでも、実際これはすごいぞ。
基礎的な練習から、『タックルで相手を倒せない』とか、『ブレイクダウンでボールを取られる』とか、課題を感じていることに合わせた応用練習まで、めっちゃわかりやすく解説してくれてる
おーつき
へー、ラグビーってちゃんとした指導教材が意外と少ないから、それはありがたいな。
たーじ
そやろ?
しかも、練習の方法だけじゃなくて、一つ一つの練習で意識すべきこと、効果を高めるにはどうすればいいか、うまくいった例と悪い例とかもしっかり解説してくれてんねん。
おーつき
おー、それは良いな!
練習はちゃんとポイントを押さえてやらんと、ただ練習するだけじゃ全然意味ないからな。
たーじ
そうそう。
現役プレーヤーからしても、『ブレイクダウンで意識するべきこと』とか、『タックルの時に意識するべきこと』とかが分かるから、自分のプレーを一段高められるんちゃうかな。
おーつき
マジか!?うわー、現役時代に知りたかったやつやん!!
たーじ
しかもや!
このDVDを見てもわからんこと、質問したいことがあったら、実際に野澤さんにメールで何回でも質問できるっていう特典も付いてんねん!
おーつき
え、元日本代表の一流指導者に直接質問できんの?何回も?
それは凄いな!
っていうか、凄すぎひん? ほんまに返事返って来るん??
たーじ
そら、返してくれるやろ。元日本代表ががこんなんで嘘つかへんって。
それに、商品紹介のページでは野澤さんからの返信メールの例も乗ってたけど、こんな感じでメチャクチャ丁寧に回答してあったで!
野澤武史からの返信メール
おーつき
おー、すげー!めっちゃ細かく回答してくれてる!
じゃあ、DVDだけやとわからんこととか、全体の練習メニューの組み方を教えて欲しいとか、こんな状況の時にどうしたらいいかとか、新しいルールについてとか、疑問があったらとにかくメールで質問したらいいってことか。
たーじ
そういうことやな。
これは、マジで豪華な特典やと思うわ。
おーつき
へー、ちょっと俺も気になってきたわ。
・・・おぉ、これ、『90日間の全額返金保証』まで付いてるやん!
レベルアップを実感出来なかったら全額返金か。
なかなか太っ腹やな〜。
全額返金保証
たーじ
ん、あー、そうなんや。へー、全然気づかんかったわ。
おーつき
あ、もしかして。たーじ、お前、この返金保証使うつもりでこのDVD買ったな?
たーじ
(ギクッ!)
そそ、そんなことないし? 全額返金保証、えーと、何のこと?
おーつき
誤魔化すん下手すぎるやろ・・・。
たーじ
いや、まぁ、確かに最初はそのつもりやったんやけどな。
でも、ここまで内容が良いと、そのくらいのお金を出す価値はあるなって今は思ってるで。
だから返金保証は使わんつもり。
おーつき
まぁ、書いてあるんやから、別に返金してもらってもいいんやろうけどさ。
でも、たーじにそこまで言わせるっていうのは、ほんまに凄いんやな。
たーじ
そやな。例えば、
  • ラグビー経験がないのに急に部活の顧問になっちゃった人
  • プレーに自信がない、プレーの質を高めたい現役プレーヤー
  • 元プレーヤーだが、専門外のプレーの指導に自信が持てない人
みたいな人には、特にオススメできるDVDやと思うわ。
おーつき
なるほどな。
こういう良い教材が広まって、日本のラグビーがもっともっと発展して、W杯優勝とかまでしてほしいもんやな!
たーじ
元日本代表・野澤武史さん『ラグビー上達革命』の詳細が気になる方は、下記リンクから商品紹介ページへどうぞ。