【ラグビールール解説】アーリータックルとは?


画像参照:AFPBB News

スポンサーリンク

アーリータックルとは

アーリータックルとは、ボールをキャッチする前にタックルしてしまった時に取られる反則で、相手チームボールのペナルティキックから試合が再開されることとなります。

ラグビーではボールを持った選手に対してしかタックルできません
しかし、ディフェンス側は少しでも早くタックルをして相手選手を倒したいと思っています。
ですから、相手選手がボールをキャッチするギリギリのタイミングを狙ったつもりでも、勢い余ってキャッチする前にタックルしてしまうことがあり、その場合にアーリータックルが適用されることになります。

アーリータックルが起こりやすいシチュエーション

ゴール前にグラバーキックが蹴られた場合

最もアーリータックルが起こりやすいのがオフェンス側が敵陣において、ウィングやフルバックなど外側にいる選手を走らせてゴール前の空いているスペースにグラバーキック(ボールを転がすキックのこと)をすることがあります。
オフェンス側がそのままキャッチすれば大チャンスという場面が多いので、ディフェンス側の選手が焦ってボールをキャッチされる前にタックルに入ってしまう、というケースもしばしば見られます。

ハイパントキックのキャッチ前

ハイパントキック(ボールを高く蹴り上げるキックのこと)をキャッチする前にタックルをしてしまうケース。
キャッチと同時のタイミングを狙っていたとしても、気持ちが先走ってキャッチする前にタックルしてしまうことがあります。

ゴール前のディフェンス

トライライン付近になると、トライさせまいとディフェンスの選手は勢いよくタックルを仕掛けます。
その勢いから、ついパスをキャッチする前にタックルをしてしまうケースも少なくありません。

アーリータックルを取られないためには

グラバーキックを蹴り込まれ、やむを得ずアーリータックルとなってしまったケースでは、そもそもディフェンス側がグラバーキックを蹴り込まれてもカバーできる陣形を作れていなかったことが原因だと言えます。
フルバックやウィングを中心にキックにも対処できるような陣形を形成することが必要です。

その他の2つのシチュエーションに関して言えば、ボールをキャッチすることを確認してからタックルすることで避けられるでしょう。(基本的なことですが)
アーリータックルを取られることでチームの状況がより一層不利になるので、冷静にタックルに入るタイミングを見極めなければなりません。

たーじ
ディフェンスしているときに、グラバーキックを絶妙な場所に蹴り込まれてキャッチされたらトライになってしまう…、ってときはアーリータックルになるのも仕方がない気がするなぁ。 あかんねんけどさ。
おーつき
そういう場合はオフェンスがうまかった、と言ってもいいよな。 ディフェンス側もキックをカバーせなあかんねんけど、相手の攻撃が激しくなるとキックのカバーがさらに難しくなるしな。
たーじ
そやねんなー。 てか最初、アーリータックルはハイパントキックを空中でキャッチした選手が着地する前にタックルをすると取られる、って想像しててん。 でも空中にいる選手へのタックルはアーリータックルというよりは危険なタックルとして判断してシンビン、もしくは一発退場の対象となるみたいやな。
おーつき
なるほどな。 ラグビーのルールって難しいけどシンプルに考えると危ないこととズルいことはするな、ってことやな!
たーじ
そういうことやな! ってかさっきから気になってたんやけど、おーつきってキックのカバーとか考えたことあんの?(笑)
おーつき
いやないな(笑)俺はそういう担当じゃないし(笑) もっと肉弾戦が激しい場所が俺の戦場や!
たーじ
まぁラグビーは選手たちの得手不得手を生かして、チームとしてしっかり補完し合うことが大事やな!