【ラグビールール解説】フェアキャッチ(マーク)とは?


画像参照:JIJI.COM

スポンサーリンク

フェアキャッチ(マーク)とは

フェアキャッチとは、キックされたボールを自陣22メートルラインの内側、つまり22メートルよりも自陣側でノーバウンドでキャッチし、同時に「マーク」とコール(声に出す)することでフリーキックを得ることができるルールのことです。
コールの名称そのままで、『マーク』と呼ばれることもあります。

フェアキャッチ(マーク)の条件

フェアキャッチ(マーク)をするためには以下の3つの条件が揃っていなければなりません。

  • 自陣22メートルラインの内側(自陣側)に位置していること
  • キックされたボールをノーバウンドでキャッチすること
  • キャッチと同時に「マーク」とコールすること

注意しなければならないことは、「マーク」のコールがレフリーに聞こえなければフェアキャッチは有効とならない点です。
ですので、フェアキャッチをする場合はレフリーに「マーク」のコールが聞こえるように大きな声で言う必要があります。

たーじ
フェアキャッチはラグビーを初めて見る人にとっては何が起きたかわからんやろなぁ。
おーつき
いきなり選手が何か叫んだ、と思ったら笛が鳴ってプレーが止まるもんな(笑)
たーじ
まれに面白いことがあって、キックをキャッチした選手は「マーク」ってコールして、ディフェンスの選手もフェアキャッチやと思ってタックルに行くのをやめたのに、レフリーが聞こえてなくてそのままプレーが続行される、ってゆう珍プレーがあるよな(笑)
おーつき
あるある(笑)だからコールは大きな声で叫ばなあかんな!
たーじ
あとは条件が揃っていても状況に応じてフェアキャッチをしない、つまり「マーク」とコールしない判断をするときもあるから、選手としてはこれがまた難しいところやな!
おーつき
いつでもフェアキャッチしたらいいってことじゃない、ってことやな!ほな次はそのシチュエーションについて見ていこうや!

フェアキャッチ(マーク)を使うシチュエーション

フェアキャッチをするかどうかの判断は、相手チームからのプレッシャーの強さが基準となります。

キックをキャッチする際に相手チームのディフェンスが迫ってきている場合、つまりプレッシャーが強い場合は、フェアキャッチをすることによってフリーキックを得ることができますのでプレーを止めることができる上、ディフェンスはフェアキャッチした地点から10メートル離れなければなりません
つまりフェアキャッチすることによって、キャッチした選手はプレッシャーを受けずに落ち着いて次のプレーに移ることができます。

一方、フェアキャッチをしないケースとは上記の逆のシチュエーションで、ディフェンスが迫ってきていない場合、つまりプレッシャーが弱い場合フェアキャッチをしない、という判断をします。
フェアキャッチをすることでプレーを止めることができますが、逆にキャッチした選手はフェアキャッチをした地点からリスタートをしない限り、前に進むことができません。 キックをキャッチした選手はフェアキャッチをしないで攻撃に転じることによって前進することができる他、ディフェンス側の陣形が整っていないことが多いのでより効果的な攻撃ができる可能性が高くなります

たーじ
フェアキャッチを多く出る試合はディフェンスしているチームのプレッシャーが強い、ということの裏返しやな!
おーつき
攻撃側からするとハイパントキックをフェアキャッチされたら少しキックする場所が奥になってしまった、ということにもなるよな!
たーじ
確かに!ハイパントキックをしたチームからしたらキックボールを競り合ってボールを確保する、もしくはキャッチした選手にタックルを入ってターンオーバーを狙いたいんやけど、フェアキャッチをされてしまうと完全に相手ボールになっちゃうもんな。
おーつき
フェアキャッチができない地点に蹴り込む、ということも選手のキックスキルということや!
たーじ
確かにそうやねんけど、おーつきにキックを語られると何か腹が立つわ…。
おーつき
自分はできへんけど求めるレベルは高いからな!(笑)
スポンサーリンク

ラグビー指導のための教材をお探しの方に

たーじ
おー、なるほどなー。
おーつき
おっす!たーじ、何見てるん?
たーじ
おぅ、おーつき。今、野澤武史さんの『ラグビー上達革命』のDVDを見てたんや。
おーつき
へー、野澤武史さんって神戸製鋼でプレーしてはった人元日本代表やんな?
たーじ
そうそう、その野澤さん。
現役引退した後、慶應大学のコーチしてるんやけど、その野澤さんがラグビー指導者向けに作った教材DVDやねん。
おーつき
え? たーじ、指導者目指すん?
たーじ
いや、子供できた時にちゃんと教えられるように、今から勉強しよかなって
おーつき
気ぃ早いな!
いや、っていうか、お前は無理やって!
プレーするんと指導するんは全然違うし、BKしかやってないからFWのことなんて全然知らんやん!
たーじ
うっさい! 指導するんが難しいのは十分わかってるから勉強してんねん!
いやでも、実際これはすごいぞ。
基礎的な練習から、『タックルで相手を倒せない』とか、『ブレイクダウンでボールを取られる』とか、課題を感じていることに合わせた応用練習まで、めっちゃわかりやすく解説してくれてる
おーつき
へー、ラグビーってちゃんとした指導教材が意外と少ないから、それはありがたいな。
たーじ
そやろ?
しかも、練習の方法だけじゃなくて、一つ一つの練習で意識すべきこと、効果を高めるにはどうすればいいか、うまくいった例と悪い例とかもしっかり解説してくれてんねん。
おーつき
おー、それは良いな!
練習はちゃんとポイントを押さえてやらんと、ただ練習するだけじゃ全然意味ないからな。
たーじ
そうそう。
現役プレーヤーからしても、『ブレイクダウンで意識するべきこと』とか、『タックルの時に意識するべきこと』とかが分かるから、自分のプレーを一段高められるんちゃうかな。
おーつき
マジか!?うわー、現役時代に知りたかったやつやん!!
たーじ
しかもや!
このDVDを見てもわからんこと、質問したいことがあったら、実際に野澤さんにメールで何回でも質問できるっていう特典も付いてんねん!
おーつき
え、元日本代表の一流指導者に直接質問できんの?何回も?
それは凄いな!
っていうか、凄すぎひん? ほんまに返事返って来るん??
たーじ
そら、返してくれるやろ。元日本代表ががこんなんで嘘つかへんって。
それに、商品紹介のページでは野澤さんからの返信メールの例も乗ってたけど、こんな感じでメチャクチャ丁寧に回答してあったで!
野澤武史からの返信メール
おーつき
おー、すげー!めっちゃ細かく回答してくれてる!
じゃあ、DVDだけやとわからんこととか、全体の練習メニューの組み方を教えて欲しいとか、こんな状況の時にどうしたらいいかとか、新しいルールについてとか、疑問があったらとにかくメールで質問したらいいってことか。
たーじ
そういうことやな。
これは、マジで豪華な特典やと思うわ。
おーつき
へー、ちょっと俺も気になってきたわ。
・・・おぉ、これ、『90日間の全額返金保証』まで付いてるやん!
レベルアップを実感出来なかったら全額返金か。
なかなか太っ腹やな〜。
全額返金保証
たーじ
ん、あー、そうなんや。へー、全然気づかんかったわ。
おーつき
あ、もしかして。たーじ、お前、この返金保証使うつもりでこのDVD買ったな?
たーじ
(ギクッ!)
そそ、そんなことないし? 全額返金保証、えーと、何のこと?
おーつき
誤魔化すん下手すぎるやろ・・・。
たーじ
いや、まぁ、確かに最初はそのつもりやったんやけどな。
でも、ここまで内容が良いと、そのくらいのお金を出す価値はあるなって今は思ってるで。
だから返金保証は使わんつもり。
おーつき
まぁ、書いてあるんやから、別に返金してもらってもいいんやろうけどさ。
でも、たーじにそこまで言わせるっていうのは、ほんまに凄いんやな。
たーじ
そやな。例えば、
  • ラグビー経験がないのに急に部活の顧問になっちゃった人
  • プレーに自信がない、プレーの質を高めたい現役プレーヤー
  • 元プレーヤーだが、専門外のプレーの指導に自信が持てない人
みたいな人には、特にオススメできるDVDやと思うわ。
おーつき
なるほどな。
こういう良い教材が広まって、日本のラグビーがもっともっと発展して、W杯優勝とかまでしてほしいもんやな!
たーじ
元日本代表・野澤武史さん『ラグビー上達革命』の詳細が気になる方は、下記リンクから商品紹介ページへどうぞ。