Pocket


画像参照:TOP LEAGUE



オーバーザトップとは?

オーバーザトップとは、タックル成立後、つまりボールを持った選手が敵チームの選手に捕まって倒された後、そこにオーバーに来たプレイヤーが相手側に倒れこんだ場合に取られる反則のことです。
オーバーとは簡単に言うとタックルを受けた選手の上でボールの位置を越えるまで押し出す行為のことを言います。
ラグビーはフィールドでもボール争奪戦でも立った状態でプレーしなければなりません
にもかかわらずオーバーをする際にボールの上、若しくはボールを越えて倒れ込むことによって相手チームを妨害する行為、これがオーバーザトップという反則となるわけです。
オーバーザトップを取られた場合、相手チームボールのペナルティキックで試合が再開されます。

オーバーザトップが起こりやすいシチュエーション

オーバーザトップはボール争奪戦を行っているラックで発生する反則です。
オーバーをする選手が勢いに任せてオーバーに入った場合に、前提となる立った状態でのプレーが難しくなりオーバーザトップを取られるということはどのシチュエーションでもあり得ます。
あえて言うとすれば、トライライン付近でしょう。
トライライン付近での攻防においてディフェンス側がトライを防ぐために無理にボールを奪いに行ったりする際にはオーバーザトップにならないように気をつけなければなりません。

オーバーザトップを取られないためには

大前提として立った状態でプレーしなければならないので、ラックなどの密集においても敵チームに全体重をかけずに自らの足で立つことが重要です。
膝をついてしまうと立っていないという判断をされるために、相手からのプレッシャーに耐えうる体作りも必要でしょう。

たーじたーじ

オーバーザトップかー、俺昔よく取られたわ(笑)フィジカル弱かったからなー俺(笑)


おーつきおーつき

確かにフィジカルが弱かったら相手のプレッシャーに耐えられなくてオーバーザトップ取られがちやんな。


たーじたーじ

相手からのプレッシャーは強い、でもボールをキープせなあかん、頑張って耐えても最終的に倒れてしまう、オーバーザトップ、みたいな流れ(笑)


おーつきおーつき

近代ラグビーはバックスもオーバーに入ることが多くなってるから、体作りは全ポジションで重要になってるよな!


たーじたーじ

観戦の楽しみ方として、選手たちがオーバーザトップにならないようにどのようにラック内で争奪戦を繰り広げているか、など細かいところを見ても楽しめると思います!


おーつきおーつき

現役でラグビーをしている方は、体格の小さな選手がラックでどのようにオーバーザトップにならないようにボールをキープしているのかも注目しても勉強になると思いますし注目してみてください!