【ラグビー用語解説】ラックについて|密集での激しいボールの争奪戦


ラックでのボール争奪戦
スポンサーリンク

ラックとは

ラックとは、モールと対になる密集プレーです。
モールが立っているプレイヤーだけで構成されるのに対して、ラックではタックラーに倒されたボールキャリアの上で敵味方がボールの奪い合いを行います

ラックの中では手でボールに触ることは出来ず、手でボールを取った場合は、ハンドという反則になって相手チームのペナルティとなってしまいます。
そのため、ラックでボールを奪うためには、相手選手を押し返すか、足でボールを味方側に引き寄せる必要があります。(地面には倒れているボールキャリアの選手がいることが多いので現実的とはいえませんが) このようなラックでのボールの奪い合いを、特にブレイクダウンという言い方をしています。

ラック形成の条件

ラックの形成には3人のプレーヤーが必要です。
タックルで倒されたボールキャリアと、両チームのプレーヤー1人ずつがボールキャリアの上で組み合うことでラックが成立します。
いったん組まれたラックを崩したり、ラックの上に飛びかかって参加してはいけません。

原則として、ラグビーは立ってプレーをする必要があります。
ですから、タックルを受けて倒れたボールキャリアはプレーができず、ボールを離さなければなりません。
そのボールを奪うために相手チームの選手とそのボールを守るために味方チームの選手とが、ボールキャリアの上でぶつかり合って争奪戦を行う、これを「ラック」と呼んでいます。

ラック終了の条件

何らかの形でボールがラックの中から出た時点でラックは解消(終了)になります。
ボールが選手たちの折り重なった下敷きとなった場合など、プレー継続ができない場合は『ラックパイラップ』となり、ボールを持ち込んだ側(オフェンス側)ボールのスクラムで再開。

また、ボールが出せる位置にある時には、レフリーがユーズイット!』と声を出して、ボールを出すように促します。
このコールから約5秒間ボールを動かさないままでいると、相手ボールのペナルティとなってしまいます。
遅延行為の防止や、スピーディで魅力的な試合にするために制定されたルールですね。

ラックの見所

両チームともにとても激しいぶつかり合いでボールを守ろうと、あるいは奪おうとしているため、非常に迫力があるプレーを見ることができます。

攻める側からするとラックからはスピーディに攻撃を展開したい場合が多いため、少ない人数で早くボールを動かそうとします。
守る側としては、相手の攻撃のテンポを遅らせるために、ボールを奪えないとわかっていてもラックで圧力をかけることがあります。

そうした駆け引きなどもわかるようになると、一層、試合全体が楽しめるようになってきますよ。

また、ボールキャリアをタックルで倒した際、DF側の選手が相手のサポート選手が来る前に、つまり、ラックが成立する前にボールを奪ってしまうことがあります。
これはジャッカルと呼ばれるプレーで、一瞬で攻守が入れ替わるビッグプレーです。
ジャッカル後は相手のディフェンスラインも整っていませんから、大きなチャンスが生まれることも多いです。

ラックでよく見られる反則

ラックが形成されると、ラック最後尾からグラウンドを横断するようにオフサイドラインができます。

このオフサイドラインより相手チーム側ではプレーすることができません。
仮に相手チーム側から、もしくは、横からラックに入ろうとするとオフサイドという反則になってしまいます。

他にもボールキャリアが倒れたのにボールを離さないノットリリースザボール、タックルした選手がすぐにどかずにプレーの邪魔をするノットロールアウェイなど、ラックに関わる反則は数多くあります。
それだけ、ラグビーでは重要で基本的なプレーであるということですね。

ラックは試合を左右する重要なプレー!熱い攻防を見逃すな!

おーつき
今回はラックについて解説しました! ラックはラグビーでも基本のプレーであるとともに、すごく奥の深いプレーです!
たーじ
例え、一人が大きくゲインしたとしても、そのあとにサポートがいないとタックルで倒されてすぐにボールを奪われてしまいます。 『ワンフォーオール、オールフォーワン』、ボールを持っている人も、サポートの選手も、それぞれが役割を果たすことが重要です!
おーつき
ラックのブレイクダウンの優劣で試合を有利に運べるかどうかが決まる、と言っても過言ではありません。 それほど重要なプレーなので、ぜひ注目してみてくださいね! ・・・そう言えば、プロップあるあるで、実はプロップはラックに入る回数が少ないっていうのがあってさ。
たーじ
どういうこと? ラックとか密集はFWの出番なんやから、入ってるはずやろ?
おーつき
いや、入る気持ちはあるんやで! ただ、ラックのポイントまで走ったらすでにボールが出てしまってるっていう・・・。
たーじ
足遅いだけやんけ!ちゃんと走れや!!
スポンサーリンク

ラグビー指導のための教材をお探しの方に

たーじ
おー、なるほどなー。
おーつき
おっす!たーじ、何見てるん?
たーじ
おぅ、おーつき。今、野澤武史さんの『ラグビー上達革命』のDVDを見てたんや。
おーつき
へー、野澤武史さんって神戸製鋼でプレーしてはった人元日本代表やんな?
たーじ
そうそう、その野澤さん。
現役引退した後、慶應大学のコーチしてるんやけど、その野澤さんがラグビー指導者向けに作った教材DVDやねん。
おーつき
え? たーじ、指導者目指すん?
たーじ
いや、子供できた時にちゃんと教えられるように、今から勉強しよかなって
おーつき
気ぃ早いな!
いや、っていうか、お前は無理やって!
プレーするんと指導するんは全然違うし、BKしかやってないからFWのことなんて全然知らんやん!
たーじ
うっさい! 指導するんが難しいのは十分わかってるから勉強してんねん!
いやでも、実際これはすごいぞ。
基礎的な練習から、『タックルで相手を倒せない』とか、『ブレイクダウンでボールを取られる』とか、課題を感じていることに合わせた応用練習まで、めっちゃわかりやすく解説してくれてる
おーつき
へー、ラグビーってちゃんとした指導教材が意外と少ないから、それはありがたいな。
たーじ
そやろ?
しかも、練習の方法だけじゃなくて、一つ一つの練習で意識すべきこと、効果を高めるにはどうすればいいか、うまくいった例と悪い例とかもしっかり解説してくれてんねん。
おーつき
おー、それは良いな!
練習はちゃんとポイントを押さえてやらんと、ただ練習するだけじゃ全然意味ないからな。
たーじ
そうそう。
現役プレーヤーからしても、『ブレイクダウンで意識するべきこと』とか、『タックルの時に意識するべきこと』とかが分かるから、自分のプレーを一段高められるんちゃうかな。
おーつき
マジか!?うわー、現役時代に知りたかったやつやん!!
たーじ
しかもや!
このDVDを見てもわからんこと、質問したいことがあったら、実際に野澤さんにメールで何回でも質問できるっていう特典も付いてんねん!
おーつき
え、元日本代表の一流指導者に直接質問できんの?何回も?
それは凄いな!
っていうか、凄すぎひん? ほんまに返事返って来るん??
たーじ
そら、返してくれるやろ。元日本代表ががこんなんで嘘つかへんって。
それに、商品紹介のページでは野澤さんからの返信メールの例も乗ってたけど、こんな感じでメチャクチャ丁寧に回答してあったで!
野澤武史からの返信メール
おーつき
おー、すげー!めっちゃ細かく回答してくれてる!
じゃあ、DVDだけやとわからんこととか、全体の練習メニューの組み方を教えて欲しいとか、こんな状況の時にどうしたらいいかとか、新しいルールについてとか、疑問があったらとにかくメールで質問したらいいってことか。
たーじ
そういうことやな。
これは、マジで豪華な特典やと思うわ。
おーつき
へー、ちょっと俺も気になってきたわ。
・・・おぉ、これ、『90日間の全額返金保証』まで付いてるやん!
レベルアップを実感出来なかったら全額返金か。
なかなか太っ腹やな〜。
全額返金保証
たーじ
ん、あー、そうなんや。へー、全然気づかんかったわ。
おーつき
あ、もしかして。たーじ、お前、この返金保証使うつもりでこのDVD買ったな?
たーじ
(ギクッ!)
そそ、そんなことないし? 全額返金保証、えーと、何のこと?
おーつき
誤魔化すん下手すぎるやろ・・・。
たーじ
いや、まぁ、確かに最初はそのつもりやったんやけどな。
でも、ここまで内容が良いと、そのくらいのお金を出す価値はあるなって今は思ってるで。
だから返金保証は使わんつもり。
おーつき
まぁ、書いてあるんやから、別に返金してもらってもいいんやろうけどさ。
でも、たーじにそこまで言わせるっていうのは、ほんまに凄いんやな。
たーじ
そやな。例えば、
  • ラグビー経験がないのに急に部活の顧問になっちゃった人
  • プレーに自信がない、プレーの質を高めたい現役プレーヤー
  • 元プレーヤーだが、専門外のプレーの指導に自信が持てない人
みたいな人には、特にオススメできるDVDやと思うわ。
おーつき
なるほどな。
こういう良い教材が広まって、日本のラグビーがもっともっと発展して、W杯優勝とかまでしてほしいもんやな!
たーじ
元日本代表・野澤武史さん『ラグビー上達革命』の詳細が気になる方は、下記リンクから商品紹介ページへどうぞ。