【ラグビールール解説】スローフォワードについて|ノックオンとの違いは?


スローフォワードについて

画像参照:トップリーグ公式サイトより

スポンサーリンク

スローフォワードとは

スローフォワードとは『前方にボールを投げる、パスをする』という反則になります。
ノックオンとともに、ラグビーの中でもっとも多い反則の一つです。

スローフォワードを英語に直すと「throw forward」。
直訳すると、投げる・前に、となります。

ラグビーとアメフトとの大きなルールの違いのひとつに、ボールを前に投げてはいけないというものがあります。
それを定めているのが、このスローフォワードという反則になります。

ちなみに、ここでいう「前に」というのは、プレイヤーの身体の向きに対してではなく、自分たちの目指すゴールに向かってという意味です。
ですので、タッチライン(横のライン)を向いて、横にパスしたとしても、それが自分たちの目指すゴール方向であれば反則となってしまいます。

スローフォワード後の再開方法

スローフォワードの再開方法は、基本的には反則が起こった地点でのスクラムになります。
ただし、以下の場合は少し違う状況で再開されます。

ゴール前、またはインゴールでのスローフォワード

いずれかのゴールラインから5m以内の地点、もしくはゴールラインより内側でスローフォワードが起こった場合には、落とした場所から縦のラインの延長線上でゴールラインから5mの位置でスクラムとなります。

ラインアウトでのスローフォワード

ラインアウトでスローフォワードが起こった場合には、タッチラインから15mの位置でスクラムで再開します。

スローフォワードしたボールがタッチに出た場合

スローフォワードをしたボールがそのままタッチに出た場合、相手チームには次の3つの中から再開方法を選択することができます

  • スローフォワードが起こった地点でのスクラム
  • ボールがタッチラインを超えた地点からのラインアウト
  • クイックスローイン

故意のスローフォワード

故意にスローフォワードを行なったとレフェリーが判断した場合は相手側にペナルティが与えられます
相手チームの攻撃を防ぐために、相手チームのパスを前方に弾いた場合などが該当します。

スローフォワードに関連する反則

スローフォワードに関連する反則としては、ボールを前に落としてはいけないノックオンが挙げられます。
この2つの反則はボールを前方に投げてはいけないという、ラグビーの基本原則に関わるルールですので重要度も非常に高く、試合でももっともよく見られる反則です。

前に投げたボールが地面に落ちた場合はノックオンとなり、敵か味方が地面に落ちる前にキャッチした場合はスローフォワードとなります。
ただし、敵がキャッチした場合は敵側のチャンスになることも多いため、すぐに反則を取らずにアドバンテージが適用され、プレーが継続するケースも多く見られます。

ラグビーの基本原則に関わる重要ルール!略称は「スロファー」「スロー」

たーじ
今回はスローフォワードについてや。 経験者の会話の中では「スロファー」って略すことが多いかな。 たまに「スロー」とも言うかも。
おーつき
ラインアウトでタッチから投げ入れるスローイングも「スロー」って言われることがあるけど、どっちについて話してるかは会話の流れで。
たーじ
「ノックオン」と並んで、ラグビーの基本とも言えるルールやな。 最後、パスが繋がって逆転トライ!かと思いきや、ラストパスがスロファーやったっていうのは良くあるよなー。
おーつき
高いレベルになるほど、トライになるかどうかのプレーはギリギリのことが多いからな。 この反則ひとつで、泣いたチームも笑ったチームも星の数ほどいるよな。 まぁ、俺くらいの選手になると、あんまり縁のない反則やったけどな。
たーじ
ん? おーつきってそんなにパス上手かった印象ないんやけど?
おーつき
そら、俺はボール持ったら基本的に当たりに行くからな!
たーじ
パスが上手いかどうかじゃなくて、そもそもパスせえへんだけやんけ!