【ラグビールール解説】スローフォワードについて|ノックオンとの違いは?


スローフォワードについて

画像参照:トップリーグ公式サイトより

スポンサーリンク

スローフォワードとは

スローフォワードとは『前方にボールを投げる、パスをする』という反則になります。
ノックオンとともに、ラグビーの中でもっとも多い反則の一つです。

スローフォワードを英語に直すと「throw forward」。
直訳すると、投げる・前に、となります。

ラグビーとアメフトとの大きなルールの違いのひとつに、ボールを前に投げてはいけないというものがあります。
それを定めているのが、このスローフォワードという反則になります。

ちなみに、ここでいう「前に」というのは、プレイヤーの身体の向きに対してではなく、自分たちの目指すゴールに向かってという意味です。
ですので、タッチライン(横のライン)を向いて、横にパスしたとしても、それが自分たちの目指すゴール方向であれば反則となってしまいます。

スローフォワード後の再開方法

スローフォワードの再開方法は、基本的には反則が起こった地点でのスクラムになります。
ただし、以下の場合は少し違う状況で再開されます。

ゴール前、またはインゴールでのスローフォワード

いずれかのゴールラインから5m以内の地点、もしくはゴールラインより内側でスローフォワードが起こった場合には、落とした場所から縦のラインの延長線上でゴールラインから5mの位置でスクラムとなります。

ラインアウトでのスローフォワード

ラインアウトでスローフォワードが起こった場合には、タッチラインから15mの位置でスクラムで再開します。

スローフォワードしたボールがタッチに出た場合

スローフォワードをしたボールがそのままタッチに出た場合、相手チームには次の3つの中から再開方法を選択することができます

  • スローフォワードが起こった地点でのスクラム
  • ボールがタッチラインを超えた地点からのラインアウト
  • クイックスローイン

故意のスローフォワード

故意にスローフォワードを行なったとレフェリーが判断した場合は相手側にペナルティが与えられます
相手チームの攻撃を防ぐために、相手チームのパスを前方に弾いた場合などが該当します。

スローフォワードに関連する反則

スローフォワードに関連する反則としては、ボールを前に落としてはいけないノックオンが挙げられます。
この2つの反則はボールを前方に投げてはいけないという、ラグビーの基本原則に関わるルールですので重要度も非常に高く、試合でももっともよく見られる反則です。

前に投げたボールが地面に落ちた場合はノックオンとなり、敵か味方が地面に落ちる前にキャッチした場合はスローフォワードとなります。
ただし、敵がキャッチした場合は敵側のチャンスになることも多いため、すぐに反則を取らずにアドバンテージが適用され、プレーが継続するケースも多く見られます。

ラグビーの基本原則に関わる重要ルール!略称は「スロファー」「スロー」

たーじ
今回はスローフォワードについてや。 経験者の会話の中では「スロファー」って略すことが多いかな。 たまに「スロー」とも言うかも。
おーつき
ラインアウトでタッチから投げ入れるスローイングも「スロー」って言われることがあるけど、どっちについて話してるかは会話の流れで。
たーじ
「ノックオン」と並んで、ラグビーの基本とも言えるルールやな。 最後、パスが繋がって逆転トライ!かと思いきや、ラストパスがスロファーやったっていうのは良くあるよなー。
おーつき
高いレベルになるほど、トライになるかどうかのプレーはギリギリのことが多いからな。 この反則ひとつで、泣いたチームも笑ったチームも星の数ほどいるよな。 まぁ、俺くらいの選手になると、あんまり縁のない反則やったけどな。
たーじ
ん? おーつきってそんなにパス上手かった印象ないんやけど?
おーつき
そら、俺はボール持ったら基本的に当たりに行くからな!
たーじ
パスが上手いかどうかじゃなくて、そもそもパスせえへんだけやんけ!
スポンサーリンク

ラグビー指導のための教材をお探しの方に

たーじ
おー、なるほどなー。
おーつき
おっす!たーじ、何見てるん?
たーじ
おぅ、おーつき。今、野澤武史さんの『ラグビー上達革命』のDVDを見てたんや。
おーつき
へー、野澤武史さんって神戸製鋼でプレーしてはった人元日本代表やんな?
たーじ
そうそう、その野澤さん。
現役引退した後、慶應大学のコーチしてるんやけど、その野澤さんがラグビー指導者向けに作った教材DVDやねん。
おーつき
え? たーじ、指導者目指すん?
たーじ
いや、子供できた時にちゃんと教えられるように、今から勉強しよかなって
おーつき
気ぃ早いな!
いや、っていうか、お前は無理やって!
プレーするんと指導するんは全然違うし、BKしかやってないからFWのことなんて全然知らんやん!
たーじ
うっさい! 指導するんが難しいのは十分わかってるから勉強してんねん!
いやでも、実際これはすごいぞ。
基礎的な練習から、『タックルで相手を倒せない』とか、『ブレイクダウンでボールを取られる』とか、課題を感じていることに合わせた応用練習まで、めっちゃわかりやすく解説してくれてる
おーつき
へー、ラグビーってちゃんとした指導教材が意外と少ないから、それはありがたいな。
たーじ
そやろ?
しかも、練習の方法だけじゃなくて、一つ一つの練習で意識すべきこと、効果を高めるにはどうすればいいか、うまくいった例と悪い例とかもしっかり解説してくれてんねん。
おーつき
おー、それは良いな!
練習はちゃんとポイントを押さえてやらんと、ただ練習するだけじゃ全然意味ないからな。
たーじ
そうそう。
現役プレーヤーからしても、『ブレイクダウンで意識するべきこと』とか、『タックルの時に意識するべきこと』とかが分かるから、自分のプレーを一段高められるんちゃうかな。
おーつき
マジか!?うわー、現役時代に知りたかったやつやん!!
たーじ
しかもや!
このDVDを見てもわからんこと、質問したいことがあったら、実際に野澤さんにメールで何回でも質問できるっていう特典も付いてんねん!
おーつき
え、元日本代表の一流指導者に直接質問できんの?何回も?
それは凄いな!
っていうか、凄すぎひん? ほんまに返事返って来るん??
たーじ
そら、返してくれるやろ。元日本代表ががこんなんで嘘つかへんって。
それに、商品紹介のページでは野澤さんからの返信メールの例も乗ってたけど、こんな感じでメチャクチャ丁寧に回答してあったで!
野澤武史からの返信メール
おーつき
おー、すげー!めっちゃ細かく回答してくれてる!
じゃあ、DVDだけやとわからんこととか、全体の練習メニューの組み方を教えて欲しいとか、こんな状況の時にどうしたらいいかとか、新しいルールについてとか、疑問があったらとにかくメールで質問したらいいってことか。
たーじ
そういうことやな。
これは、マジで豪華な特典やと思うわ。
おーつき
へー、ちょっと俺も気になってきたわ。
・・・おぉ、これ、『90日間の全額返金保証』まで付いてるやん!
レベルアップを実感出来なかったら全額返金か。
なかなか太っ腹やな〜。
全額返金保証
たーじ
ん、あー、そうなんや。へー、全然気づかんかったわ。
おーつき
あ、もしかして。たーじ、お前、この返金保証使うつもりでこのDVD買ったな?
たーじ
(ギクッ!)
そそ、そんなことないし? 全額返金保証、えーと、何のこと?
おーつき
誤魔化すん下手すぎるやろ・・・。
たーじ
いや、まぁ、確かに最初はそのつもりやったんやけどな。
でも、ここまで内容が良いと、そのくらいのお金を出す価値はあるなって今は思ってるで。
だから返金保証は使わんつもり。
おーつき
まぁ、書いてあるんやから、別に返金してもらってもいいんやろうけどさ。
でも、たーじにそこまで言わせるっていうのは、ほんまに凄いんやな。
たーじ
そやな。例えば、
  • ラグビー経験がないのに急に部活の顧問になっちゃった人
  • プレーに自信がない、プレーの質を高めたい現役プレーヤー
  • 元プレーヤーだが、専門外のプレーの指導に自信が持てない人
みたいな人には、特にオススメできるDVDやと思うわ。
おーつき
なるほどな。
こういう良い教材が広まって、日本のラグビーがもっともっと発展して、W杯優勝とかまでしてほしいもんやな!
たーじ
元日本代表・野澤武史さん『ラグビー上達革命』の詳細が気になる方は、下記リンクから商品紹介ページへどうぞ。