【ラグビー用語解説】タッチキックについて


画像参照:リコーブラックラムズ

スポンサーリンク

タッチキックとは

タッチキックとはボールをタッチライン(サイドライン)の外に蹴り出すプレーで、主に陣地を確保する為に行われます。 タッチキックを行うシチュエーションを見ていきましょう。

タッチキックをするシチュエーションとは

タッチキックを行うシチュエーションとは、以下のような状況が考えられます。

  • 自陣深くでプレーしている場合や、中盤で攻撃回数を重ねてもなかなかディフェンスを突破できない場合など、タッチキックを蹴って陣地を確保する。
  • ペナルティキックを貰った場合、タッチに出してもマイボールラインアウトで再開されるため、タッチラインの外にボールを蹴り出す。
  • 試合終了時間が過ぎ、最後のプレーが途切れれば試合が終了するという状況でタッチラインの外にボールを蹴り出し、試合を終わらせる。(勝利が確定している場合)

タッチキックを蹴った状況と再開位置の関係

ペナルティキックの場合は、キックの位置やバウンドの有無に関わらず、タッチへボールが出た地点からペナルティキックを蹴ったチームのラインアウトで再開となります。

しかし、インプレー中のキックに関してはすべて相手ボールラインアウトでの再開になりますが、キックを蹴った状況によって再開位置が異なることに注意が必要です。
陣地確保を目的にタッチキックをしたが、キックをした位置やタッチラインへのボールの出かたによって、全く陣地を確保できないことがあるのでタッチキックを蹴る選手は注意が必要です。
タッチキックの注意点は、以下の2点。

  • 蹴った位置が22mラインの内側か外側かどうか
  • タッチラインの外にボールは直接出たのかバウンドして出たのか

ちなみに22mラインとはトライラインとハーフラインの間にある実線のラインのこと。
この2点によってどの位置からラインアウトを行うかが決まります。

タッチキックと再開位置の関係を状況別に整理すると、以下のようになります。

キックの状況 バウンドの有無 再開位置
22mラインの内側から 無し ボールがタッチラインを割った地点から
22mラインの外側から 無し キックを蹴った真横の地点から
ボールを22mラインの
外側から内側に戻してから
無し キックを蹴った真横の地点から
どの位置からでも 有り ボールがタッチラインを割った地点から

2番目のケースのように、キックを蹴った地点の真横から再開することをダイレクトタッチ」と呼びます。

初心者の方にとってややこしいのが、3番目のケース。
キックをしたのが22mラインの内側でも、キッカーが22mラインの中に自分で戻ったり、キッカーに渡る前のパスが出た地点が22mラインを超えている場合には、2番目のケースと同じくダイレクトタッチとなってしまうのです

4番目のケースのように、キックしたボールがタッチを出るまでにワンバウンドでもしている場合は、どんな状況であってもタッチラインを割った地点での再開となります
これを利用して、22mラインの外側から陣地確保のためのキックをする場合には、キッカーはワンバウンドさせてからタッチに出るように狙います。

また、サッカーやバスケなどと同じく相手選手に触れてからタッチラインを出た場合は、最後にボールに触れた選手がタッチに出したと見なされます。
したがって、キックをしたチームのボールで、蹴り出した地点に関係なく出た位置からラインアウトを行います。

難しく考えない!基本はボールが出た位置から再開!

たーじ
今回はタッチキックについてやな。 タッチキックは重要なプレーやから、ちゃんと説明したいんやけど、 こうして書いてみると、やっぱりラグビーの知識のない人相手に説明するのは難しいな。
おーつき
いやいや、難しく考えすぎやろ! ラグビー初心者の人にそこまで言う必要ないって!
たーじ
え、いやでも、ちゃんと説明しんとさぁ・・・
おーつき
ええねんって! 基本、ボールが外に出たところから再開!って覚えとけば!
たーじ
まぁ、そら基本はそうやけど。
おーつき
だいたい、高いレベルの試合になれば、3番目のケースみたいなミスはまずないし、キックのあと、ラインアウトの位置が戻ってたら、「あー、そんなルールあったかも」ってくらいで細かいこと気にするよりも、ラグビーの魅力であるぶつかり合いとかパスワークとかステップ見た方が面白いやん!
たーじ
うん、それはそうやな!観戦するだけなら、確かにそれで十分や! たまにはええこと言うやん!! ただ、初心者って言うか、おーつきがその認識で試合やってそうやけどな(笑)
おーつき
(ギクッ!) な、何言ってんねん!さすがに怒るぞ!
たーじ
いや、冗談冗談!悪い悪い!
おーつき
ほんまに、頼むわ! (ドキドキ)