運営者情報

スポンサーリンク

運営者の自己紹介

たーじ
はじめまして、「たーじ」です。 この度はラグビー総合情報メディア『〜NoSide〜』を見てくれてありがとうございます!
おーつき
はじめまして、「おーつき」と申します。 この『〜NoSide〜』は僕たち二人の元ラガーマンが運営しています!
たーじ
僕たちの簡単なプロフィールは以下になります

たーじのプロフィール

たーじ
中学校からラグビーをはじめ、関西のラグビー強豪校に入学、おーつきと出会う。 大学4年間はスタンドオフとしてプレイ。 卒業後は大手銀行に就職するが、米国会計士の資格取得のため退職してアメリカへ単身留学。 2017年の春に帰国して東京に戻る。

おーつきのプロフィール

おーつき
同じく中学校からラグビーを始め、大学ラグビー部でたーじと出会う。 ラグビー人生の10年間をプロップとしてプレイ。 卒業後は地元の消防局に勤める。 30歳を前に一念発起してIT企業へ転職し、東京で新たな道を模索し始める。
大学卒業後、全くバラバラの道を歩んでいた二人が、どうしてラグビーの総合情報メディアを立ち上げようなどと思ったのか、お時間とご興味のある方はお付き合いいただければ幸いです。

『〜NoSide〜』開設への経緯

始まりは偶然の再会から

二人が出会ったのは、関西ラグビーリーグ上位常連の強豪大学ラグビー部。 そこで、2人は同期生として4年間同じチームで汗を流しました。 卒業後は二人ともラグビーとは関係のない職業を選択し、別々の道を歩んでいきました。 しかし、ある時、偶然が重なってアメリカから帰国したたーじと京都から東京に出てきていたおーつきは再会することになります。
おーつき
たーじがアメリカから帰ってるって知らんくてびっくりしたわー
たーじ
おーつきが東京でてる方がびっくりしたわ! まぁ、せっかく再会したことやし、二人でなんかやりたいなーってなったんよな。
折しも2015年のラグビーワールドカップ南アフリカ大会で日本代表チームの活躍が世界を驚かせ、また、2019年の日本ワールドカップ、その先の2020年の東京五輪に向けてラグビー界が動いているという時でした。 元ラガーマンとして、それらに何かの形でたずさわりたいという思いもあり、 「「ラグビーで何かしようぜ!」」 ということで、二人は意気投合しました。

日本、盛り上がってる??

たーじ
ラグビー関係で、って言っても、最初何するか全く思い浮かばんかったよな(笑)
おーつき
そうそう、まぁ勢いだけで言ってたし。 で、たーじもアメリカから帰ったばっかりでそこまでラグビー事情に詳しくなかったから、色々調べはじめたと。
たーじ
調べてるうちに、なんかこれマズくないかってなったよな。
当時、南アフリカ大会における日本代表の大活躍で、にわかに盛り上がった日本のラグビー熱ですが、燃え上がったかに見えた人気には早くも陰りが見え始めていました。 南アフリカ大会で一躍スターとなった五郎丸選手ですが、移籍した海外のチームでは出場機会に恵まれず、世界最高峰の舞台であるスーパーラグビーに飛び込んだサンウルブズも、世界のトップチームを相手に思うように結果が出せない。 また、人気を加速させる裏方的な役割を果たすはずのラグビー協会は、降って湧いた突然の人気に対応がおぼつかず、手をこまねいているように見えました。 そして、燃え上がったかに見えた人気の炎は、徐々にその熱を失いつつありました。
たーじ
あのワールドカップ南アフリカ大会から2年が経ってるのに、未だに新しいヒーローとか、めぼしいニュースとかが出て来てないっていうのは寂しいもんなぁ。
おーつき
それで、ラグビーの人気向上にできることないかって思ったんよな。

そうだ、ラグビーの情報を提供しよう!

「なんとかラグビー界を盛り上げたいなぁ・・・」 そう考える中で、ネット上でのラグビーメディアが二極化していることに気がつきました。 ラグビーの初心者と経験者が求める情報に大きな差があるために、どちらかをターゲットにしたメディアしかなかったのです。
おーつき
ここに気づいたのは、僕ね。 IT業界にいたからこその視点!
たーじ
はいはい、すごいすごい。 すごいから、もっと詳しく解説してくれ。
おーつき
おっけ、まかせろ!(自慢気) 簡単に言うと、ラグビー経験者や長年のファンが欲しいのは試合速報や注目選手の情報。 初心者や少し興味を持っているという人が欲しいのはルール・用語解説やポジション解説。 基本的にどちらかにフォーカスされていて、両方が満足できるメディアがなかったということなんです。
たーじ
ラグビーはルールも複雑でポジションも多くて、初心者にはなかなかハードル高いもんな。 かといって、よくラグビーを知ってる人からすれば、今さらな情報やし。
おーつき
で、両方の人が満足できるような、 「ラグビーのことならとりあえずここ見とけ」 っていうサイトを作ろうということで、この『〜NoSide〜』が出来たと!

サイト立ち上げ!『〜NoSide〜』の名前に込めた思い

おーつき
サイト名は結構悩んだよなー
たーじ
最初は「ラグビーマニア」とか「ラグビー攻略本」とかっていう案もあったよな。
おーつき
あったあった。 でも、ラグビーのメディアの名前にラグビーって入れるのも直球すぎひん?ってなってボツったな。
たーじ
ラグビー関連の用語を二人でこねくり回してて、 ふと「NoSideって良くね?」ってなったよな
大きな体をした選手同士がぶつかり合うスポーツにも関わらず、「紳士のスポーツ」と呼ばれるラグビー。 そんなラグビーでは試合終了のことを「No Side」と言います。 「Side」とは敵サイドと味方サイドのことです。 そして「No Side」というのは、その敵と味方の境界がなくなることを意味します。 どれだけ激しくぶつかり合おうとも、試合が終われば敵味方なく、ただラグビーを愛する仲間同士。 「No Side」はラグビーの基本的な精神をよく表した言葉です。 私たちはこの「No Side」の精神を、私たちのサイトにも取り入れたいと考えました。 初心者も経験者も、 サポーターもプレーヤーも、 長年のファンも最近のファンも、 ラグビーを愛している人も少し興味を持っただけの人も、 ラグビーに関わる全ての人が集まって、みんなから愛される、そんなサイトを作りたい。 これが私たちが『〜NoSide〜』の名前に込めた想いです。

ラグビーが好きならみんな仲間!

たーじ
このサイト、ラグビー総合情報メディア『〜NoSide〜』に集まる方々はみんなラグビーを愛する仲間だと考えています。 そうした皆さまから愛されるようなサイト作りを心がけて行きたいと考えております!
おーつき
サイトはまだまだ見た目も中身も不十分! ですが、情報を見やすく、探しやすい、皆さまに満足していただけるサイトを目指して運営を続けてまいります!
たーじ
ここまでお読みくださり、ありがとうございました! これからもラグビー総合情報メディア『〜NoSide〜』をよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク