【超初心者向け】1分動画で簡単解説!ラグビーのルールはこれでバッチリ


おーつき
この記事は『超』初心者向けです。 全部の動画を見て、記事を読むとだいたい10分程度かかります。
たーじ
おー、おーつき、今日はめっちゃいい知らせがあるで!
おーつき
なんや、テンション高いやん? わかった!生まれて初めて彼女できたんやろ? おめでとー!!
たーじ
(スルーして) 俺らこういうサイトやってるけど、ラグビーを全く知らん人に0から説明するんって結構難しいやんか?
おーつき
お、おう。(スルーされた・・・) まぁ、そやな。ルールも複雑やしポジションも多いしな。
たーじ
ふっふっふ、そういう時に持ってこいの動画を見つけてきたんや! これを見たら、とりあえずラグビーの超初心者は卒業できるし、普通に試合見に行っても楽しめるってやつ!
おーつき
へー、めっちゃいいやん! ちょっとはよ見せてくれよ!
スポンサーリンク

可愛いキャラでラグビーのルールを超簡単に解説した動画集!

今回はとっても可愛いキャラクターでラグビーのルールを易しく簡単に解説した動画のシリーズをご紹介します。

全部で5本ありますが、どれも1分〜1分半程度の長さなのでとっても見やすいですし、動画なのですごくわかりやすいです。
本当にラグビーのことを何も知らないという人でも、この動画集を見ればラグビーのルールの概要がわかって試合を楽しめるようになりますよ!

それでは、早速見ていきましょう!

〜超初級者編〜

おーつき
それで、その動画ってどんなんなん?
たーじ
おう、これこれ! まぁ、まずはこの『ラグビーのルール < 超・初級篇 >』ってやつから見てくれ!

おーつき
なにこれ!? めっちゃ可愛いし、めっちゃわかりやすいやん!!
たーじ
せやろ!? 2015年のワールドカップの時期にUPされた動画らしいわ!
おーつき
へー、こんなんあったんやなぁ! サイトで文字と画像で説明するのは限界あるし、動画があるとやっぱりわかりやすいよな!
たーじ
そうそう、しかもこの動画は続きがあんねんで!
おーつき
まじか!見たい見たい!!

〜ポジション編〜

たーじ
この続きがこれ、『ラグビーのルール 第1巻 ポジション篇』

おーつき
おー、これもわかりやすいな! いちいち、キャラクターの動きが可愛い
たーじ
せやろ!ただ、10番を「フライハーフ」って紹介してるけど、日本やと「スタンドオフ」っていう方が多いと思うから、そこは注意してほしいかな。
おーつき
たしかに、フライハーフはあんま聞かんな。 あと、キャラクターが固定やからしょうがないんやろうけど、FWとBKが同じ体型っていうのも誤解されるかも
たーじ
せやな、あのキャラみたいな体型してるんはおーつきみたいなプロップだけやな(笑)
おーつき
・・・確かにそうなんやけど、なんか馬鹿にしてへん?
たーじ
細かいこと気にすんなって!次の動画いくぞ!

〜反則編〜

たーじ
ポジション編の次がこれ! 『ラグビーのルール 第2巻 ズルだめ篇』!
おーつき
ん?ズルだめってなんや?
たーじ
えーから、見ろ。見たらわかる。

おーつき
あー、なるほど! 「ズルはだめ」でズルだめってことか!
たーじ
そうゆうことや! まぁ、全部の反則をいちいち解説してられへんし、ざっくり言うと「ズルはだめ」ってことやな。
おーつき
なるほどな。ただ、ちょっと動画の補足をすると、ラグビーは寝ている人はプレーしちゃダメ!っていう原則があるので、倒れた人はすぐにボールを離さないといけません。 そこで離さないままでいるとノットリリースザボール」の反則になるというわけです。
たーじ
さらに補足するなら、危ない行為もダメ!ってとこかな。 故意に危険なプレーをしたと見なされると、ズル以上に厳しい一時退場(イエローカード)や一発完全退場(レッドカード)の退場処分(シンビン)が課せられる可能性があります!
おーつき
お、そこは大事なとこやな!たまにはええこと言うやん!
たーじ
たまにちゃうわ!いっつもええことしか言ってないわ!
おーつき
はいはい、そやなー(棒読み) まぁ、たーじは放っといて次の動画行きましょう!

〜密集編〜

たーじ
続きましては〜、これ『ラグビーのルール 第3巻 密集篇』
おーつき
あー、密集なぁ。結構、言葉で説明するの難しいところなんよなぁ。
たーじ
では、早速見ていきましょう!

おーつき
「立ってるモール、地面がラック」と、うん、覚えやすいな!
たーじ
最後のまとめが結構いいよな。 あと、密集が仕事場のFW的に、なんか補足しておくことはある?
おーつき
うーん、密集の中で選手が折り重なったりしてボールが出てこない、とレフェリーが判断した場合は、一度プレーを切ってスクラムで再開することがあるとかかな。 それぞれラックパイラップモールパイラップといって、ラックではオフェンス側ボールのスクラム、モールではディフェンス側ボールのスクラムで試合が再開されます。
たーじ
あ、あと、遅延行為を防ぐ目的で、動きが止まっていて明らかにボールが出せる状態の時は、レフェリーから「ユーズ・イット!」(=ボールを出しなさい!)という声がかかります。 これに従わずに5秒以上経過すると、相手ボールのスクラムとなっていまいます。

〜タッチ編〜

たーじ
最後、『ラグビーのルール 第4巻 タッチ篇』
おーつき
おぉ〜、タッチかぁ!初心者に説明する時に一番といっていいくらい難儀するやつー!
たーじ
大丈夫!1分半でわかりやすくまとめてくれてるから見てみよ

おーつき
いやぁ、これもわかりやすいなぁ!
たーじ
ほんまにな!これ知らん人に説明するのって結構苦労するんよなぁ!
おーつき
一応動画にもあるけど、明確に説明されてないから説明しておくと、 タッチになる地点は、ボールがタッチラインを超えた地点で、空中も含みます。 グラウンドの外でバウンドした地点とは関係ないので、どこでラインを超えたかが結構重要だったりします。
たーじ
あと、細かい字で注釈されてたけど、ペナルティの時は22mラインの内外を問わず、ボールがタッチラインを超えたところから再開です。
おーつき
そう!しかも、ペナルティの時は蹴り出したチーム、つまり、ペナルティをもらったオフェンス側ボールのラインアウトで再開なので、攻撃が継続できてめちゃくちゃ有利
たーじ
基本的には、サッカーと同じく、ボールを出したチームとは反対のチームのボールで再開なんですが、ペナルティの時は特別。 得点につながることもありますし、それだけペナルティは重い反則っていうことですね!

基本を押さえてラグビー観戦を楽しもう!!

おーつき
ほんまにおもろいなぁー!よし、次の動画行こう!
たーじ
いや、さっき最後って言うたやん。これで終わりやから
おーつき
え、もう終わり!?もっと解説しとくことあるでしょ! スクラムとか、スクラムとかスクラムとか!!
たーじ
うっさいわ!このスクラム狂が!

さて、ここまでご覧になられたら、ラグビーの知識が0の方でもラグビーがどんなスポーツか、だいたいイメージできたのではないでしょうか?
今回ご紹介した動画では、可愛らしいキャラクターが動いていましたが、実際のラガーマンは筋骨隆々のマッチョなアスリートばかり!

そんな激しい男たちが全力でぶつかり合う姿は、たとえルールがわからなくても興奮すること間違いなし! まして、今は動画でルールもある程度分かっているんですから、あとは会場で生の迫力を味わうだけ

ぜひ、一度、試合会場まで足を運んで、スタンドから生の選手たちをご覧ください!
彼らのプレーを間近で見れば、きっとその虜になってしまうはず!
会場でお会いできる日を楽しみにしています。

たーじ
残念ながら、この動画シリーズは現在アップされているのはここまで。 しかし、ワールドカップ日本大会東京オリンピックもあるので、これからも追加されていくかもしれません! 追加されているのを発見したら、また、この記事で更新してお知らせしますね!
おーつき
そういえば、この動画のキャラクターってなんなん? あんまり見たことないんやけど。
たーじ
俺も知らんかったけど、調べてみたらこんなページが出てきたわ。 『kishiboy』
おーつき
へー、こんなんあるんやなぁ。
たーじ
ずっと思ってたけど、このキャラちょっとおーつきに似てるよな
おーつき
あ、アホか!こんなプヨンプヨンと違うわ!・・・現役時代は。
たーじ
今はkishiboyそのものやもんな(笑)
おーつき
・・・ダイエット、頑張ります。