【初心者向け】センターの役割とは?体格とスキルを兼ね備える最強戦士


こちらの記事は『初心者向け』です! あまりラグビーに馴染みがない方、最近初めて興味を持った方などを対象に記事を作成しています。

画像参照:kubota-spears.com

他のポジションについての解説はこちらから

たーじ
おーっす、おーつき!今日はBKのポジションの1つであるセンターについてお話していきたいと思ってるねん!センターについて説明するから、上の写真も2015W杯の南アフリカ戦で両センターを務めた立川理道選手(クボタ)とマレ・サウ(ヤマハ発動機)のめっちゃカッコイイ写真を貼っておいた!
おーつき
センターか!めっちゃいい写真やん!スリークォーターバックスと呼ばれるウイング(WTB)と共にトライを取ること、トライに繋がるプレーが最も求められるCTBと略されるあのセンターですね!!
たーじ
そうや!センターってひとくくりにされがちやけど、インサイドセンターアウトサイドセンターとでは求められる役割が大きく違ってくるから、そこらへんを説明しようと思ってるねん!
おーつき
ええやんか!かゆいところに手が届いてるとはこのことやな!
スポンサーリンク

インサイドセンターとアウトサイドセンターで役割が違う!

先ほども触れた通りインサイドセンターアウトサイドセンターとでは求められる役割が違っています
それではインサイドセンターとアウトサイドセンター、それぞれ説明していきます!

インサイドセンターは第二の司令塔

たーじ
インサイドセンタースタンドオフの隣(後ろ)にポジショニングしていることが多く、スタンドオフと比べて外側の状況が見やすい立ち位置です。インサイドセンターは外側の状況を把握して、どのように攻めるべきなのか判断してどこにボールを持っていくのかを決定するポジションなんです。
おーつき
さすがにスタンドオフは全ての状況を一度に把握できるわけじゃないから、インサイドセンターに外側の判断を任せてるってことやな!
たーじ
俺が大学の3年生のときにスタンドオフとして試合に出させてもらってたときは、インサイドセンターがめちゃめちゃ信頼できる人やったから迷ったらとりあえずその人にパスしてたわ(笑)
おーつき
頼りないスタンドオフやなぁ(笑)。当時のバックスはインサイドセンターの冷静な判断力でBKを動かしてたんyやな(笑)

精度の高いパスで味方を生かせ!

第二の司令塔と言われている通りインサイドセンターは高いパススキルが要求されています
精度の高いパスで他のスリークォーターバックスやフルバックにボールを供給することはチームの攻撃の勢いに繋がりますので、欠かせないスキルと言えるでしょう!

自ら突破できる強靭なフィジカル

画像参照:kubota-spears.com

第二の司令塔と言えどもやはりスリークォーターバックスであるインサイドセンターはかなりの頻度でコンタクトプレーが要求されます
特に外側にスペースがないときは内側でポイントを作る場面が多く、BKではインサイドセンターもコンタクトプレーを最も多くするポジションの1つです。

写真を見ても分かる通り、2015W杯での南アフリカ戦ではインサイドセンターで出場した立川理道選手が突進しています。
特にフィジカルで差がある相手との試合ではFWに近いところでポイントを作る場面が多くなるので、インサイドセンターが突進する場面が多くなりがちです。
アタックでは突進してもきっちりボールをキープできる、ディフェンスでは相手のゲインを許さないようにしっかりタックルを成功させる狂人なフィジカルがインサイドセンターには必要です。

アウトサイドセンターはBKの切り込み隊長

続いてアウトサイドセンターについて説明していきます!

たーじ
アウトサイドセンターは特にコンタクトプレーが多いポジションやな!スペースがある場面でボールをもらうことが多いからスピードがある選手を配置させたいね!
おーつき
BKでポイントを作る時はアウトサイドセンターが思いっきりぶちかますイメージあるな!ポイント作るときもやけど、外にスペースがあったらアウトサイドセンターがスピードで突破を図って、最後はウイングでトライってゆうアウトサイドセンターがトライのきっかけを作る場面もよく見るよな!
たーじ
FWを中心に内側のディフェンスラインを崩してから外側にボールを運んでアウトサイドセンターとウイング、フルバックでトライを取る、これが王道のトライの取り方やな!

体を張ったプレーをやり通すことができるフィジカルと精神力

アウトサイドセンターはかなりコンタクトプレーが多く、BKの中で最も身体的な負担が大きいポジションと言えるでしょう。
アタックではディフェンスラインに正面から突進するだけではなく、外側で発生するボール争奪戦に参加、ディフェンスではスピードのある選手相手に広いスペースを守らなければなりません。
アウトサイドセンターにはコンタクトプレーを何度も繰り返すことのできるフィジカルの強さ我慢できる精神力が必要なのです。

トライを取りきるためのスピード

アウトサイドセンターは広いスペースがあるところにポジショニングしており、BKでトライをする際は関わることが多いポジションです。
ボールをもらって相手を突破し、敵のフルバックを引きつけて味方ウイングにパスしてトライを演出する、若しくは自らフルバックを抜き去ってトライを奪うなどのプレーが期待されています。
守備範囲が広いアウトサイドセンターにスピードは欠かせない能力と言えるでしょう。

たーじ
昔からアウトサイドセンターは大型で突破力のある選手が多いよな!
おーつき
そやな!中学生とか高校生ぐらいなら背が高くて足が早かったらアウトサイドセンター、みたいな部分あったよな(笑)

トップリーグの注目センター

画像参照:サンウルブズOFFICIAL SITE

立川理道選手(天理高校→天理大学→クボタスピアーズ)

2015年W杯ではインサイドセンターとして活躍、2016年秋から日本代表の共同主将としてチームをまとめる日本代表51キャップを保有する主要選手の1人。元々スタンドオフでプレーしており、今はインサイドセンターとスタンドオフを兼任。サンウルブズにも選出されている日本代表BKには欠かせない選手。まだまだ活躍が期待できる選手で、2019年W杯も日本代表として暴れまわってほしい。

画像参照:サンウルブズOFFICIAL SITE

山中亮平選手(東海大仰星高校→早稲田大学→神戸製鋼コベルコスティーラーズ)

高校時代から注目されている選手で、ポジションはスタンドオフだったが、トップリーグではインサイドセンターでも活躍。日本代表10キャップを保有し、恵まれたサイズスキルの高さは日本代表の中でもトップクラス。

画像参照:ヤマハ発動機ジュビロ

宮澤正利選手(桐蔭学園高校→早稲田大学→ヤマハ発動機ジュビロ)

日本代表経験はないものの、注目すべき点はサイズで170cmながらアウトサイドセンターでコンスタントに出場している。サイズをカバーできるほどの余りあるラグビーセンスは多くの小柄なラグビー選手に勇気を与えている。

たーじ
両センターは高いフィジカルを求められることからトップリーグでも外国人選手が起用されることが多くなってるけど、是非とも日本人選手に頑張ってもらいたいですね!

他のポジションについての解説はこちらから

スポンサーリンク

ラグビー指導のための教材をお探しの方に

たーじ
おー、なるほどなー。
おーつき
おっす!たーじ、何見てるん?
たーじ
おぅ、おーつき。今、野澤武史さんの『ラグビー上達革命』のDVDを見てたんや。
おーつき
へー、野澤武史さんって神戸製鋼でプレーしてはった人元日本代表やんな?
たーじ
そうそう、その野澤さん。
現役引退した後、慶應大学のコーチしてるんやけど、その野澤さんがラグビー指導者向けに作った教材DVDやねん。
おーつき
え? たーじ、指導者目指すん?
たーじ
いや、子供できた時にちゃんと教えられるように、今から勉強しよかなって
おーつき
気ぃ早いな!
いや、っていうか、お前は無理やって!
プレーするんと指導するんは全然違うし、BKしかやってないからFWのことなんて全然知らんやん!
たーじ
うっさい! 指導するんが難しいのは十分わかってるから勉強してんねん!
いやでも、実際これはすごいぞ。
基礎的な練習から、『タックルで相手を倒せない』とか、『ブレイクダウンでボールを取られる』とか、課題を感じていることに合わせた応用練習まで、めっちゃわかりやすく解説してくれてる
おーつき
へー、ラグビーってちゃんとした指導教材が意外と少ないから、それはありがたいな。
たーじ
そやろ?
しかも、練習の方法だけじゃなくて、一つ一つの練習で意識すべきこと、効果を高めるにはどうすればいいか、うまくいった例と悪い例とかもしっかり解説してくれてんねん。
おーつき
おー、それは良いな!
練習はちゃんとポイントを押さえてやらんと、ただ練習するだけじゃ全然意味ないからな。
たーじ
そうそう。
現役プレーヤーからしても、『ブレイクダウンで意識するべきこと』とか、『タックルの時に意識するべきこと』とかが分かるから、自分のプレーを一段高められるんちゃうかな。
おーつき
マジか!?うわー、現役時代に知りたかったやつやん!!
たーじ
しかもや!
このDVDを見てもわからんこと、質問したいことがあったら、実際に野澤さんにメールで何回でも質問できるっていう特典も付いてんねん!
おーつき
え、元日本代表の一流指導者に直接質問できんの?何回も?
それは凄いな!
っていうか、凄すぎひん? ほんまに返事返って来るん??
たーじ
そら、返してくれるやろ。元日本代表ががこんなんで嘘つかへんって。
それに、商品紹介のページでは野澤さんからの返信メールの例も乗ってたけど、こんな感じでメチャクチャ丁寧に回答してあったで!
野澤武史からの返信メール
おーつき
おー、すげー!めっちゃ細かく回答してくれてる!
じゃあ、DVDだけやとわからんこととか、全体の練習メニューの組み方を教えて欲しいとか、こんな状況の時にどうしたらいいかとか、新しいルールについてとか、疑問があったらとにかくメールで質問したらいいってことか。
たーじ
そういうことやな。
これは、マジで豪華な特典やと思うわ。
おーつき
へー、ちょっと俺も気になってきたわ。
・・・おぉ、これ、『90日間の全額返金保証』まで付いてるやん!
レベルアップを実感出来なかったら全額返金か。
なかなか太っ腹やな〜。
全額返金保証
たーじ
ん、あー、そうなんや。へー、全然気づかんかったわ。
おーつき
あ、もしかして。たーじ、お前、この返金保証使うつもりでこのDVD買ったな?
たーじ
(ギクッ!)
そそ、そんなことないし? 全額返金保証、えーと、何のこと?
おーつき
誤魔化すん下手すぎるやろ・・・。
たーじ
いや、まぁ、確かに最初はそのつもりやったんやけどな。
でも、ここまで内容が良いと、そのくらいのお金を出す価値はあるなって今は思ってるで。
だから返金保証は使わんつもり。
おーつき
まぁ、書いてあるんやから、別に返金してもらってもいいんやろうけどさ。
でも、たーじにそこまで言わせるっていうのは、ほんまに凄いんやな。
たーじ
そやな。例えば、
  • ラグビー経験がないのに急に部活の顧問になっちゃった人
  • プレーに自信がない、プレーの質を高めたい現役プレーヤー
  • 元プレーヤーだが、専門外のプレーの指導に自信が持てない人
みたいな人には、特にオススメできるDVDやと思うわ。
おーつき
なるほどな。
こういう良い教材が広まって、日本のラグビーがもっともっと発展して、W杯優勝とかまでしてほしいもんやな!
たーじ
元日本代表・野澤武史さん『ラグビー上達革命』の詳細が気になる方は、下記リンクから商品紹介ページへどうぞ。