【初心者向け】スタンドオフの動きとは?パスやキックでチームを操る司令塔!


たーじ
こちらの記事は『初心者向け』です! あまりラグビーに馴染みがない方、最近初めて見て興味を持った方などを対象に記事を作成しています。

画像参照:J SPORTS

スポンサーリンク
たーじ
まいど!今日はスタンドオフについて、とりあえずは知っておいてほしい内容を紹介していきます!
おーつき
いいね!それで今回はたーじが長年やってたスタンドオフの回なわけか。
たーじ
スタンドオフは奥が深いからな、なかなかまとめるのが大変やけど、今回はラグビーに興味を持ち始めた初心者の方によりラグビーを身近に感じてもらうために、簡潔に説明していくわ!
おーつき
そやな!簡潔に頼むわ!
たーじ
ほなまずこの話題から!

他のポジションの解説についてはこちら

スタンドオフは「チームの司令塔」なの?なんで?

たーじ
スタンドオフは「チームの司令塔」、皆さんもこの言葉は聞いたことあるはず!
おーつき
よくそう言うよな。具体的になんで司令塔なん?
たーじ
なんで司令塔かって?それはね、主に大きく2つの理由があるんだよ。
おーつき
なんでいきなり標準語やねん(笑)
たーじ
1つ目はスタンドオフの立ち位置に注目してみ。例えばスクラムなどのセットプレーのとき、FWがキープしたボールをまずスクラムハーフがパスをする、その相手がスタンドオフやろ?つまり、スタンドオフはBKの最前列FWのすぐ後ろにいるわけや。
おーつき
そやな!スクラムハーフは密集地帯から出てきたボールを直接FWにパスをしなければスタンドオフにパスをするよな!
たーじ
セットプレーじゃなくても、攻撃が続いたときにラックとかのポイントを作ったときのBKラインの先頭にいるのがスタンドオフで、残りのバックスの選手は後ろにラインを作ってて、密集の中にいないFWはスタンドオフの周りか、若しくはバックスラインに参加してるやろ?
おーつき
そやなぁ、FWは基本的に密集の中に入らなかったらスタンドオフの後ろでスタンドオフが自分でアタックしたときのカバーとボールを貰える準備をして付いていってるな!
たーじ
スタンドオフは位置的にFWのいるポイント周辺の状況を把握してFWに指示もできるし、BKの先頭にいるから相手のディフェンスの状況とかエリア次第でどういう攻撃をしていくか選択できるわけや。スタンドオフはボールを1番初めに受けた後、指示した通りにボールを展開させてゲームを作っていくのが役割なんや。
おーつき
なるほど。スタンドオフはゲームを作っていくから、司令塔って呼ばれるわけやな。
たーじ
そういうこと!ほな続いて、上手いスタンドオフがどんな選手なのか解説していきます!

上手いスタンドオフってどんな選手?

たーじ
続いて上手いスタンドオフの条件を簡単に説明していきます!
おーつき
スタンドオフの上手いってのはなかなか見分けるのが難しいかもな。
たーじ
そやろ?そこで初心者でも分かる簡単な見分け方を紹介しようと思います!

正確なパスとキックがチームに勝利をもたらす!

まず上手いスタンドオフの特徴としては、ベーシックなスキルであるパスとキックが上手い、ということです。

パスが上手いというのは、スクリューパス(ロングパスを放るときにボールを回転させて風の抵抗を軽減するラグビー特有の投げ方のこと)の回転がきれい、ということではなく、パスをした味方選手がスピードを落とすことなくキャッチできる場所に投げているかどうか、ということを言います。
高い精度を維持したまま、長いパスを投げられると、あのスタンドオフ上手いなぁ!!となります。

たーじ
パスに関して言えば、2016年に引退してしまったけど曽我部佳憲(そがべよしのり)選手(啓光学園高校(現常翔啓光学園高校)→早稲田大学→サントリーサンゴリアス→ヤマハ発動機ジュビロ)は正確なロングパスで有名やったなぁ。あの選手を見るとパスは筋力じゃないってのが分かる。

続いてキックに関して言うと、スタンドオフは特にキックを使ってエリアを確保するプレーを要求されます。
このキックの精度がエリアを取れるか、取れないかのポイントになっており、ひいてはチームの勝敗を左右すると言えます。

たーじ
キックが得意なスタンドオフは日本代表でサンウルブズでも活躍している田村優選手(たむらゆう)(國學院栃木高校→明治大学→NECグリーンロケッツ→キヤノンイーグルス)が思いつくかな。

体を張ったタックルでチームを引っ張れ!

一昔前のスタンドオフと言えば、華麗なパスやキック、そして相手の虚を突くランニング、という華やかなイメージで、試合が終わってもジャージが汚れていない状態を良しとされていました。

しかし、現代ラグビーにおいては、それに加えて強いタックルが求められています。
スタンドオフは常にボールの争奪戦が繰り広げられている密集地帯周辺にいることが多く、ディフェンスの際には特にFWに対するタックルの回数が多くなってきます。
ここでスタンドオフが突破されてしまうと一気にピンチになってしまいますので、スタンドオフにとってタックルの強さは非常に重要な役割と言えるでしょう。

たーじ
スタンドオフのタックルが弱いと相手チームのFWはそこを徹底して狙ってくるからな。さっき紹介した曽我部選手は残念ながらディフェンスが弱みで、よく狙われていた印象やな。
おーつき
確かにスタンドオフがタックル弱いと狙うよな。弱いタックルやと完全に突破できなくても、余裕を持ってボールをキープできるし、次の攻撃にスムーズに移りやすいからな。
たーじ
逆にスタンドオフがディフェンスではしっかり体を張ったタックルをすることで、味方のFWの信頼も得られ、よりチームを引っ張りやすくなるよな!
おーつき
そやな!FWは体を張ってくれるスタンドオフには付いていこうって気になる!

以上が、初心者の方にもわかりやすく説明したスタンドオフが司令塔と呼ばれる理由と上手いスタンドオフの見分け方でした!
もちろんその他のポジションに関してもわかりやすくご説明していきますので、楽しみにしておいてください!

トップリーグの注目スタンドオフ

小野 晃征選手(クライストチャーチボーイズ高校→カンタベリー大学[NZ]→福岡サニックスブルース→サントリーサンゴリアス)

身長は171cmと小さい体格ながら、卓越した判断力で日本代表34キャップを誇る。あの歴史的勝利を収めた2015年ラグビーワールドカップの南アフリカ戦においても、スタンドオフとして勝利に導いた立役者の1人。日本代表「リポビタンDチャレンジカップ2017」のメンバー外となった。

田村 優選手(國學院栃木高校→明治大学→NECグリーンロケッツ→キヤノンイーグルス)

『天才』と称されるほどの才能の持ち主で、パス・キックといったベーシックスキルのレベルが高い。日本代表42キャップを誇り、サンウルブズ、日本代表「リポビタンDチャレンジカップ2017」のメンバーにも選出

松田 力也選手(伏見工業高校→帝京大学→パナソニックワイルドナイツ)

大学選手権8連覇中の帝京大学の内、4〜8連覇を懸けた全ての決勝戦のスタンドオフを務め、優勝に導いている。年齢は23歳ながら既に日本代表7キャップを持ち、日本代表「リポビタンDチャレンジカップ2017」にも選出。日本で開催される2019年ラグビーワールドカップにおいても、活躍を期待されているスタンドオフの1人。

他のポジションの解説についてはこちら

スポンサーリンク

ラグビー指導のための教材をお探しの方に

たーじ
おー、なるほどなー。
おーつき
おっす!たーじ、何見てるん?
たーじ
おぅ、おーつき。今、野澤武史さんの『ラグビー上達革命』のDVDを見てたんや。
おーつき
へー、野澤武史さんって神戸製鋼でプレーしてはった人元日本代表やんな?
たーじ
そうそう、その野澤さん。
現役引退した後、慶應大学のコーチしてるんやけど、その野澤さんがラグビー指導者向けに作った教材DVDやねん。
おーつき
え? たーじ、指導者目指すん?
たーじ
いや、子供できた時にちゃんと教えられるように、今から勉強しよかなって
おーつき
気ぃ早いな!
いや、っていうか、お前は無理やって!
プレーするんと指導するんは全然違うし、BKしかやってないからFWのことなんて全然知らんやん!
たーじ
うっさい! 指導するんが難しいのは十分わかってるから勉強してんねん!
いやでも、実際これはすごいぞ。
基礎的な練習から、『タックルで相手を倒せない』とか、『ブレイクダウンでボールを取られる』とか、課題を感じていることに合わせた応用練習まで、めっちゃわかりやすく解説してくれてる
おーつき
へー、ラグビーってちゃんとした指導教材が意外と少ないから、それはありがたいな。
たーじ
そやろ?
しかも、練習の方法だけじゃなくて、一つ一つの練習で意識すべきこと、効果を高めるにはどうすればいいか、うまくいった例と悪い例とかもしっかり解説してくれてんねん。
おーつき
おー、それは良いな!
練習はちゃんとポイントを押さえてやらんと、ただ練習するだけじゃ全然意味ないからな。
たーじ
そうそう。
現役プレーヤーからしても、『ブレイクダウンで意識するべきこと』とか、『タックルの時に意識するべきこと』とかが分かるから、自分のプレーを一段高められるんちゃうかな。
おーつき
マジか!?うわー、現役時代に知りたかったやつやん!!
たーじ
しかもや!
このDVDを見てもわからんこと、質問したいことがあったら、実際に野澤さんにメールで何回でも質問できるっていう特典も付いてんねん!
おーつき
え、元日本代表の一流指導者に直接質問できんの?何回も?
それは凄いな!
っていうか、凄すぎひん? ほんまに返事返って来るん??
たーじ
そら、返してくれるやろ。元日本代表ががこんなんで嘘つかへんって。
それに、商品紹介のページでは野澤さんからの返信メールの例も乗ってたけど、こんな感じでメチャクチャ丁寧に回答してあったで!
野澤武史からの返信メール
おーつき
おー、すげー!めっちゃ細かく回答してくれてる!
じゃあ、DVDだけやとわからんこととか、全体の練習メニューの組み方を教えて欲しいとか、こんな状況の時にどうしたらいいかとか、新しいルールについてとか、疑問があったらとにかくメールで質問したらいいってことか。
たーじ
そういうことやな。
これは、マジで豪華な特典やと思うわ。
おーつき
へー、ちょっと俺も気になってきたわ。
・・・おぉ、これ、『90日間の全額返金保証』まで付いてるやん!
レベルアップを実感出来なかったら全額返金か。
なかなか太っ腹やな〜。
全額返金保証
たーじ
ん、あー、そうなんや。へー、全然気づかんかったわ。
おーつき
あ、もしかして。たーじ、お前、この返金保証使うつもりでこのDVD買ったな?
たーじ
(ギクッ!)
そそ、そんなことないし? 全額返金保証、えーと、何のこと?
おーつき
誤魔化すん下手すぎるやろ・・・。
たーじ
いや、まぁ、確かに最初はそのつもりやったんやけどな。
でも、ここまで内容が良いと、そのくらいのお金を出す価値はあるなって今は思ってるで。
だから返金保証は使わんつもり。
おーつき
まぁ、書いてあるんやから、別に返金してもらってもいいんやろうけどさ。
でも、たーじにそこまで言わせるっていうのは、ほんまに凄いんやな。
たーじ
そやな。例えば、
  • ラグビー経験がないのに急に部活の顧問になっちゃった人
  • プレーに自信がない、プレーの質を高めたい現役プレーヤー
  • 元プレーヤーだが、専門外のプレーの指導に自信が持てない人
みたいな人には、特にオススメできるDVDやと思うわ。
おーつき
なるほどな。
こういう良い教材が広まって、日本のラグビーがもっともっと発展して、W杯優勝とかまでしてほしいもんやな!
たーじ
元日本代表・野澤武史さん『ラグビー上達革命』の詳細が気になる方は、下記リンクから商品紹介ページへどうぞ。