第3節の主役はダン・カーター!2連覇中の王者サントリーを神戸製鋼が撃破!


おーつき
波乱のトップリーグ第3節!注目の試合を解説していきます! 神戸製鋼が注目のあの超スター選手がデビュー戦で2連覇中の王者サントリーに牙を剥きました!
たーじ
今回も注目の試合をピックアップしてご紹介します。 取り上げた試合以外の結果や今後のスケジュールは、こちらのトップリーグ情報のページをご覧ください!
スポンサーリンク

第3節 サントリーサンゴリアス 対 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

神戸製鋼ダン・カーター
たーじ
日本選手権を2連覇中のサントリーに対し、ウェイン・スミス総監督の新体制で挑む神戸製鋼。
強豪同士の注目のカードではありますが、秩父宮に詰めかけた17,000人以上の観客のお目当は、やはり、これが日本でのデビュー戦となるスーパースター「ダン・カーター」選手でしょう。
おーつき
世界最強のニュージーランド代表オールブラックスのキャップ数112を誇り、W杯2連覇、テストマッチ歴代最高得点記録、スーパーラグビー最多得点記録、リッチー・マコウと並ぶ最多タイ世界最優秀選手3回受賞など。
讃える言葉が足りなくなるほどの実績と実力を持つスーパースターが、その実力をいかんなく発揮しました。

まずは、前半3分、サントリーがこぼしたボールを奪うと、素早く仕掛けてFLグラント・ハッティング選手がディフェンスのギャップを突いて抜け出し、WTB山下楽平選手につないで先制トライ。このゴールキックがSOダン・カーター選手の初の得点チャンスとなりますが、さすがに緊張したのか、これを外してしまいます。しかし、続く8分にはペナルティキックを華麗に決めてトップリーグ初得点をマークします。

これでリズムを取り戻したのか、前半22分には絶妙のパスで味方の突破をサポートすると折り返しのパスで、狙い通りの形でトライ。このトライも含めて、ダン・カーター選手は前半だけで13得点。サントリーも終了間際にWTB尾崎晟也選手がトライを返しますが、8-23と厳しい点差で前半を折り返します。

後半2分に神戸製鋼に追加トライを決められ後がないサントリーは、ゴール前の攻防から素早く連続攻撃を展開し、最後はFB松島幸太朗選手が鋭いステップで相手を躱してトライ。さらに後半33分には、ラインアウトから縦の突進でDFラインに食い込むと、サポートのCTB梶村選手が途中出場のWTB塚本健太選手にパスを通してトライ。

しかし、サントリーの反撃もここまで。ダン・カーター選手の2本のペナルティゴールも決まり、最終スコアは20-36で神戸製鋼の勝利。
終始ゲームの流れを予測し、こぼれ球やミスボールからもチャンスにつなげ、デビュー戦で21得点を記録したダン・カーター選手。ここ日本でも、その実力をこれでもかと見せつけてくれました。今後のカーター劇場に注目です!

ハイライト動画はこちら

第3節 東芝ブレイブルーパス 対 パナソニックワイルドナイツ

第3節パナソニック対東芝
おーつき
短期決戦となる今年のリーグ戦、すでに1敗と優勝を狙うためには負けられない1戦となる東芝。
たーじ
これを迎え撃つのは開幕2連勝と調子を上げる昨季2位のパナソニックワイルドナイツ。優勝を狙うチーム同士の観客も息を呑むような熱戦が繰り広げられました。

前半は静かな立ち上がりで、お互い特典が入らないジリジリとした展開が続きます。
試合が動いたのは前半19分。パナソニックのゴール前ラインアウトから東芝がモールを押し込み、最後はHO湯原祐希選手が飛び込んでトライ。

ここから試合はシーソーゲームの様相を呈します。
前半23分、パナソニックのWTB福岡堅樹選手がトライ。さらに前半26分には東芝のFBコンラッド・バンワイク選手がゴール前の連続攻撃からトライ。さらにさらに前半34分にはパナソニックSO山沢拓也選手が自陣ゴール前からカウンターを仕掛け、WTB山田章仁選手にキックパスを繋いでトライと、お互いに譲らない展開。
前半終了間際にパナソニックSO山沢拓也選手がペナルティゴールを決めて、14-17とパナソニックリードで前半は終了

後半6分、スクラムから出たボールを受けたCTB松田力也選手が東芝ディフェンスのわずかな隙を見つけてトライ。
続く後半14分、相手のパントキックをキャッチしたSO山沢拓也が仕掛けます。小さなパントキックでプレッシャーをかけてきたディフェンス3人の裏のスペースにボールを落とすと、自らこれをキャッチ。さらに、サポートに来た選手を今度は大きなキックで躱すと、ボールはゴールライン左隅へ絶妙に転がっていき、自らこれをグラウンディング。技ありのトライで観客を沸かせます。

東芝も負けじと2トライを返しますが、痛いところでキックが決まらず、最終スコアは24-31。
優勝決定トーナメントに進みたい東芝にとっては痛い一敗となりました。

ハイライト動画はこちら

スポンサーリンク

その他の第3節の試合結果

その他の試合結果については、トヨタ自動車ヴェルブリッツが日野レッドドルフィンズを下して単独首位に。

クボタはロースコアの接戦を制してキヤノンに勝利。豊田自動織機とNTTコムは26-64でNTTコムが快勝しています。

ヤマハ対ホンダの一戦は、隙のないラグビーで34-16でヤマハが勝利となっています。

トップリーグの試合結果・順位はこちら